仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

風景写真のエクセルアートは難易度が高い。初めての受注が風景写真でかなり手こずった件。

 

エクセルアートをココナラで受注し始めたことは以前の記事で書きました。

で、こんなに無意味でまったく役に立たないものなのに早速受注が入りました。エクセルアートをして面白みがあるのって、やっぱり人物写真だと思っているので、人物写真の受注だろうと思っていたら、意外なことに風景写真でした。

何に使うのかはわかりませんが、とにかくは初挑戦だったので、どのくらい細かく作ればいいのか戸惑いました。

……というのも、エクセルのセルを塗りつぶして絵を書く前に絵のサイズを決める必要があるからです。自分の基準ですが、ある程度、ドットが粗くても良い絵だと、セル幅を5ピクセル、横のセル数を128セル分で作るようにしています。一般的なもの・人物写真なんかは横のセル幅4ピクセル、横のセル数を192セル分で作っています。で、CGや細かいものは横のセル幅3ピクセル、横のセル数256セル分にしています。

で、とりあえず、手持ちの風景写真で順番に試すと……

川-エクセルアート(セル幅5ピクセル・横セル数128)

川-エクセルアート(セル幅5ピクセル・横セル数128)

川-エクセルアート(セル幅4ピクセル・横セル数192)

川-エクセルアート(セル幅4ピクセル・横セル数192)

川-エクセルアート(セル幅3ピクセル・横セル数256)

川-エクセルアート(セル幅3ピクセル・横セル数256)

一番細かいものでもただのピンぼけ写真くらいのクォリティにしかなりません(T-T)

 

おそらくですが、人物写真や名画のエクセルアートだと、ある程度画像が粗くても人物が誰かとかその名画が何かがわかれば楽しむことができます。しかし、風景写真となると単純に美しさを求めてしまいます。だから、3ピクセルの細かさで作っても綺麗に見えないのでしょうね。

(せめて名所の写真とかだったら、どこか判別できるレベルの細かさでよかったのでしょうね(^^;)

でも、せっかくいただいた注文であまり妥協したくなかったので、今回は初のセル幅2ピクセル、横セル数384セルで作成しました。

川-エクセルアート(セル幅2ピクセル・横セル数384)

川-エクセルアート(セル幅2ピクセル・横セル数384)

とりあえず、見られるレベルになったでしょうか。その代り、逆に細かすぎで、エクセルアートらしさが失われてしまったような気がします(^^;

今回はこの細かさで作り、お客様には喜んでいただいたので、良しとします。こんな単純で、無意味で役に立たないエクセルアートですが、商売としてやっていくのはナカナカ難しいですね。そんなこんなで、意外に真面目に取り組んでおります。ぜひご注文ください。

↓ ↓ ↓ 注文はこちらから! ↓ ↓ ↓

たった500円!自分の写真がエクセルアートに!!

最後に自分用まとめ

セル幅 横セル数 メモ
5ピクセル 128ピクセル 粗くても大丈夫なもの。これで済むならこれが一番エクセルアートらしさが出て良い。
4ピクセル 192ピクセル 一般的にはコレが無難。人物写真。名画などで使用。
3ピクセル 256ピクセル CGなどある程度細かい部分の描写が重要なものでしよう。
2ピクセル 384ピクセル 完全に美しさ重視。綺麗さを求められる風景写真。名所などではない風景写真で使用。

※なるべく粗く作った方が面白い。手抜きなのではなく、エクセルアートらしさが出るため。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です