仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

エクセルアートってニッチな市場じゃないか!?受注を海外に広げてみよう!と思いつきで動いてみると……

 

まずは、数日前にご報告しました。ココナラでエクセルアートの受注を開始した件の続報+αです。

登録して、必要事項を入力するのみで、ほとんど宣伝活動なんかしていないのに、発注がきてしまいました。また、別の方から1件お気に入り登録していただきました。

自分で発注することは決して無いような無駄サービスなんですが、需要があるもんなんですね。ちょっと驚きました。もしかして、これこそニッチ戦略ってやつですか?良く考えると、僕は世界で唯一エクセルアートの受注生産をしている職人かもしれない!

さてそうすると、もう世界に飛び立つしかないですねw

というワケでお次は「fiverr」に登録しました。

fiverr」とは

要するにココナラの海外版みたいな感じ……というのは失礼な話で、ココナラよりは古くからあるサービスのようです。というか、日本よりも海外の方がクラウドソーシングはずっと盛んです。日本でクラウドソーシングといえば、「クラウドワークス」「Lancers」「coconala」と主要なところはこれくらいでしょうか。海外のクラウドソーシング系のサービスを探すと、ざっと数十個は見つかります。

本格的にプロジェクト単位で仕事を請け負うものや時給制で給料を受け取れるものなど、多種多様なサイトがあります。そんな中からエクセルアートのようなちっちゃなサービスに向いているサイトを検討した結果、この「fiverr」がベストだと判断しました。あまりに本格的なサイトでエクセルアートなんてサービスを公開したら、間違いなく浮きますしね(^^;「fiverr」の受注基本単価は$5となっています。coconalaの500円と比べても良いあたりですよね。

「fiverr」に登録する

さて、登録するにはまずこちらのサイトに移動してください。そんでもって、右上の「JOIN」ってところをクリックすると、ありがちな「メールアドレスで登録する」「facebookアカウントで登録する」「Googleアカウントで登録する」的な画面が出るので、使いたい方法で登録してください。ここまではめっちゃ簡単♪

「fiverr」で出品する

で、ここからハードルが異常に上がります。(多分、英語力のある人なら楽勝と思われますが)まずは上の「start to selling」ってところをクリックしましょう。で、表示された必要事項をどんどん埋めていくだけです。ただし、全体で6ページもあり、それぞれの項目に最低文字数が設定されていたり、突然「irregal charactor!」とか言って怒られたりと前途多難で、最後の方になってくると、もう自分が何を書いてきたかよくわからなくなるw

とりあえずは、最低文字数が設定されているので、ある程度の長さの英文を翻訳サイトを駆使しながら入力することになります。

また、「irregal charactor」については、クォーテーションやピリオドなど記号を一切入力できない項目があったためです。さすがにピリオドがダメだとは絶対思わんでしょ(^^;

と、さんざん苦労して、ようやく完成!

僕の出品ページはこちら

ブログネタがないので新しいことを始めようという企画ももう4回目ですが、今までで一番キツイ一日となりました。海外のサービスを使おうと思うなら、英語力重要ですね(^^;

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です