仮想通貨100種類以上紹介のブログ……を目指して(^^;

制約の多いサラリーマンの副業-調査が命!物欲不要な輸出物販!!

 

副業をやるとしても、サラリーマンはなにかと制約が多いです。努めている会社の社風にもよるとは思います。僕の勤務先は副業なってもっての他といった感じです。それでも夜な夜なパソコンに向かって、挑戦してきたことについて書くことにしました。

ちょっと専門的なものも混じっていますが、当初は僕もノースキルで始めているので、誰だって挑戦できるレベルの内容なハズです。(まとめページはこちら

昨日、輸入物販で大失敗をした話について書いたにも関わらず、今度は輸出にチャレンジしたお話です。その手の本をなんとなく立ち読みしていて、無在庫販売という手法に目を付けました。

これだと、在庫のリスクなしにチャレンジすることができます。父親の誕生日にプレゼントを大盤振る舞いする必要もありません(←昨日の記事参照)

無在庫輸出物販については「調査が命」って感じでした。

まず無在庫販売とは

読んで字のごとく、在庫を持たずに販売することです。

海外への発送って届くまで時間がかかります。発送までの時間をきっちり設定すれば、注文が入ってから入荷しても全然間に合うんです。

特に国内のamazonは届くまでの期間ってとんでもなく短いですよね。僕の場合は、しっかりプライム会員だったので、大体のものは翌日には届けてもらえる状態でした。

やり方は様々あるようですが、ある本を読んで、国内のamazonで入荷し、アメリカのamazonに出品するという方法を取りました。

やり方について

作業はいたって単純です。

  1. 日米のamazonで価格差のある商品を探し出す。
  2. アメリカのamazonで出品する
  3. 注文が入ったら、日本のamazonで注文する
  4. 商品が届いたら、丁寧に開封し、納品書などを取り出し、再梱包する。
  5. 注文者に発送する

たったのこれだけです。これだと輸入で失敗の原因となった物欲はまったく必要ありません。

価格差なんてあるの?利益は出るの?

探せばありますw注文が入れば出ますw

実際に僕が扱った商品を下記のリンクから確認できます。ちなみに、この商品、今だに何に使うのかよく知りませんw商品についてよく知らなくても(物欲がなくても)調査さえしっかりやれば、稼げるのが無在庫輸出転売の魅力です。

日本のamazon ・ アメリカのamazon

見に行った方はきっと思ったことでしょう。

価格差ねぇじゃん!!!

その通りです。この記事を書いた段階(2017.09.15)での価格は、アメリカで110.65ドル、日本で9,228円です。送料を入れたら、間違いなく赤字でしょう。

しかし、僕がこの商品を扱っていた時は、アメリカでは50ドルくらい、日本では2,700円くらいでした。

僕が2つ買った段階で、国内では欠品しましたがw

そんな商品簡単に見つかるの?

……。

めっちゃ大変ですw

様々な調査方法を試してみたのですが、僕的に効率の良かった方法を紹介します。ちょっと……いや、かなりズルイ方法ですが、まぁ、これも黒歴史ということでw

  1. すでに日本から出品して、結構評価をもらっている出品者を探し出す。
  2. その人の出品している商品の日米での価格をすべてチェックする。
    ※自分の稼いでる商品がバレないようにこういう人たちはかなりの商品をダミーとして、誰も買わないよねって価格で出品しています。
  3. 価格差のある商品を見つけたら、自分も出品する

たったのこれだけw

単純作業ですが、「2」の作業がかなりハードです。

調査を円滑に進めるには

ぶっちゃけ、人力では不可能です。というか、やりたくありません。そこで、僕は思いつきました。機械がやれば良いじゃないか♪

パソコンが勝手にサイトを見に行ってくれたら簡単でない?と安易に考え、エクセルのマクロで実装することにしました。

こういったものを作成するにはエクセルの知識だけじゃなく、HTMLを知っていないといけません。ここで、副業ウェブデザイナーの経験が活きてくるワケです。javascriptのDOMってやつを分かってれば、簡単に作れます。

数万ページをチェックするワケなので、パソコンに頼んでもそれなりに時間はかかりますが、夜な夜なパソコンが頑張ってくれました

サイト巡回プログラムって結構役立つ

この手のウェブサイトを巡回するプログラムって意外に役立ちます

例えば、株式売買をするにしても、自分のピックアップしている株式をエクセル表にしておいて、必要なタイミングで株価を一気に更新したりとかできます。(この副業記事連載の中でそのうち書きます)

例えば、毎日VALUの一覧を更新することだってできてしまいますw実は、このブログの唯一のヒットコンテンツであるVALU・VA発行者一覧はこの時作ったプログラムの使いまわしです。

副業から起業できるような大成功はいまだに収められていませんが、過去にやったことが、次へ次へと活きてくるのは、楽しいものです。

明日はちょっと別の書きたい記事があるので、副業記事連載はお休みします。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です