仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

アフィリエイトでネットワークビジネス商材は使える?-インターネットでマルチレベルの報酬を!

そもそも、アフィリエイトとネットワークビジネスはどう違うのって方はこちらの記事からどうぞ ⇒ 「ネットワークビジネスとアフィリエイトって似てますよね……違いは何でしょうか?法律と印象と実態と。

アフィリエイトもネットワークビジネスも両方やってみただけに思うんですが、作業とか効率とか考えると、アフィリエイトってすごく良いんですよね。

記事を書いたりツイートしたりして、とにかく自分の利益になるアフィリエイトリンクを発信して、そこから申し込みがあれば、利益になる。

作業は全部自宅で完結。とっても効率的♪

その反面、自分の成果になった人は、オンライン英会話なり、健康食品の定期購入だったり、お金を払い続けているのに利益になるのは登録した月の一回きり。

なんだか損した気分になります。

そうすると、ネットワークビジネスの報酬って素晴らしいですよね。

報酬は継続して支払われるし、MLM(マルチレベルマーケティング)というだけあって、報酬もマルチレベル。自分の紹介した人がさらに誰かを紹介してくれれば、その分の報酬まで支払われる。

だったら、アフィリエイト感覚で、ネットワークビジネスの商材を紹介すれば……って気になりませんか?

アフィリエイトを始めるには、普通はまず、ASPに登録する。では、ネットワークビジネスにもASPって存在してるのかな……???なんて検索すると、株式会社ASPという情報商材系のネットワークビジネスの会社が見つかりますw

求めているのはこれではない(^^;

実際、アフィリエイトでネットワークビジネスの商材って使えるんでしょうか?

アフィリエイトでネットワークビジネス商材を使うのは禁止!?

しかし、ちょっと突っ込んで探してみても、大々的にネットワークビジネス商材を扱ってるブログって少ないです。

(ネットワークビジネスをやっているっぽいブログは見つかるんですけどね)

アムウェイ一緒にやりましょう!!ミキプルーン一緒に売りましょう!!フォーデイズ一緒にやりましょう!!

……みたいな論調の記事ってまぁ、見ませんよね?あってもよさそうなもんなんですが。

さて、なんでないんでしょうか?

それはネットワークビジネスの会社が、インターネットを使った勧誘活動を禁止していることが多いからです。

会社によっては不特定多数への勧誘を禁止といった分かりにくい言葉を使うことも多いようです。

そもそも、ネットワークビジネスって、アフィリエイトよりも歴史が断然古く、アフィリエイトができたころにはすでに国から散々弾圧(?)されていたんです。

まぁ、「弾圧」ってのは冗談ですが、特定商取引法でしっかり規制されていました。

(ちなみに、アフィリエイトができたのは1990年代、ネットワークビジネスは1930年代の登場のようです。)

アフィリエイトが黎明期であった1990年代、当時から、ネットワークビジネスの会社は、トラブルを起こすと業務改善命令やら業務停止命令やらをくらう状況だったようです。

なので、会社としてもなるべくトラブルを起こしたくないわけで。結果的にインターネットの利用は排斥する方向で動いてきたわけです。

やっぱり対面での取引より、インターネット上の取引はトラブルが起こりやすいですもんね(^^;

……というわけで、ほとんどのネットワークビジネスの商材はアフィリエイトでは使えません

しかし、まぁ、例外や抜け道もあるんですがね。

例外1:行政指導上等!!!

ほとんどのネットワークビジネスの商材はアフィリエイトでは利用できません。ですが、あくまでも「ほとんど」です。

全くないわけではないんだから、許可している会社でやれば良いだけです。

では、どんな会社が許可してくれているのでしょうか?

1つ目の例はそもそも「行政指導上等!!」って態度の会社ですw

実をいうと、ネットワークビジネスの会社の9割は5年以内に倒産しています。単純に業績が悪い会社もありますが、いくつかの会社はそもそも長く経営する気がなく、短期間で荒稼ぎして撤退するつもりの会社です。

こういった半分詐欺のような会社はインターネットの利用を禁止しないことも多いです。

ぜひ使ってみてください!!……てぉぃ。

こういう会社は使ったところで、継続収入は得られませんね。少しはマルチレベルな感じを享受できるかもしれませんが、ある程度経ったらポシャって終わりです。

そんな会社を使うくらい普通にアフィリエイト商材紹介するわ!って話です(^^;

こういう会社を使うくらいなら、余計なことを考えず、堅実にアフィリエイト商材を使いましょう(^^b

例外2:海外法人

2つ目の例は海外法人です。

アムウェイは海外でないの?ミキプルーンは日本だけど……という分け方は正しくありません。

アムウェイはしっかりと日本にも支社のある日本の法人です。当然、日本の法律の適用を受けます。

日本に法人のない本当の海外法人であれば、日本では取り締まり切れないはずです。

僕は法律の専門家ではないので本当に正確なことは言えないのですが……そもそも、特定商取引法で連鎖販売取引でのインターネット利用を禁止しているわけではありません。

(ネットワークビジネスの法律上の名前が連鎖販売取引です)

あくまで、日本のネットワークビジネスの会社が空気を読んでインターネットの利用を禁止しているだけです。

(トラブルを防止して、自分の会社が業務停止命令、業務改善命令を受けないように……ということですが。)

このため、日本に進出していない海外法人はインターネットの利用を禁止していないケースが結構あります。

これは十分に使えるものではあるのですが、「日本に進出していないけれど、サイトは日本語対応している」というものでないと、実用性は低いかもしれませんね(^^;

英語のサイトへのアフィリエイトリンクを貼っていても、読める方でないと気軽に参加できないですもんね。

まぁ、スクショをたくさん使って、登録の仕方からしっかり解説するサイトを作れば十分戦えるかもしれませんが。

抜け道:勧誘はしていないと言い張る(?)

言ったもん勝ちですね……というのは、冗談ですが、人脈を増やすためにインターネットを使っています。増えた人脈に対してはネットワークビジネスの勧誘をしますけどね……という態度の勧誘を行う方法です。

もちろん、勧誘していないと言い張るだけではダメです。

実際に見えるところでは勧誘してはいけません。見えないところで勧誘しましょうw

……という視点で見ると、いろいろ納得のいくブログやサイトって多いのではないでしょうか?

アムウェイ一緒にやりましょう!!ミキプルーン一緒に売りましょう!!フォーデイズ一緒にやりましょう!!

……という、論調のブログは少ないですが、いろいろネットワークビジネスに関する情報は提供して、そのうえで、何かに登録させようとしてくるサイトって多い気がしませんか?

LINE公式アカウントだったり、集客サロンだったり、メルマガだったり、いろいろあると思います。

これだと、自分はインターネットで人脈を作ってるだけです!!って、言い張れますよねw

魅力的なようで分かりにくいネットワークビジネスの報酬

上で書いたようななんらかの人脈目的と言い張れるようなことをやっているブログがたくさんあることを考えると、ある程度成功している人もいるのでしょう。

ただ、実際に両方やってみた僕としては、安易に手を出すものではないなぁと思っています。

……というのも、ネットワークビジネスの報酬って魅力的なんですけど、かなり分かりにくくできているんですよね(^^;

1つ例を挙げておきます。

僕自身、一番初めに「コレ儲かりそう!」って思ったものに格安SIMのネットワークビジネスがありました。

現在はpovoやらahamoやらが登場し、三大キャリア自体が安いプランを提供しており、スマホの通信料金が安く、格安SIM関連の需要は減ってきているような気はします。

しかし、僕がやってみようと思った当時はまだまだ高いお金を払って、三大キャリアを使っている人の方が圧倒的に多かったです。

ネットワークビジネスに限らず、格安SIM関連の案件はアフィリエイト商材としても優秀でした。

それなら、格安SIMを紹介して、なんなら、設定とかも手伝ってあげて。それで、月々の支払いから一部が僕に支払われるなら、winwinじゃないですか?

で、とある「格安SIMのネットワークビジネス」について調べてみると、報酬が5種類くらいあり、分かりにくいものも多く、イマイチ稼げるのかさっぱり分からんかった。

で、いろんなサイトで調べて、ようやく理解できたのは、まず、紹介できる立場になるには単なるユーザーではなく、高いお金を払って、代理店にならないといけない。

そして、ユーザーを増やしてもほとんど収入は発生せず、稼ごうと思うなら、高いお金を払って代理店になってくれる人を勧誘しないといけない

もうね。初めは詐欺かと思いましたよw

でも、実は、ネットワークビジネスでは当たり前なんですよね。ただ単に商品が欲しいのかディストリビューターになるのかで、購入する商品が違うのは一般的です。

販売してくれる人がどんどん増えていかないといけない。法律上の連鎖販売取引って言葉は言い得てるなぁ、と思います。何だか物々しい雰囲気の言葉ですが、ネットワークビジネス・マルチレベルマーケティング・マルチ商法などよりよっぽど実態に近い気がします。

  • ネットワークビジネス……自分のつながりでビジネスできるんですよ~(建前感ハンパない)
  • マルチレベルマーケティング……複数のレベルによるマーケティング(分かったような分からんような)
  • マルチ商法……複数の商法(なんだよそれ!)
  • 連鎖販売取引……販売が鎖のように連なる取引(ぉぉ怖いw)

当時は販売する人を勧誘しなければ儲からないという、ネットワークビジネス的な感覚って、あんまりよく分かっていなかったんです。

アフィリエイトみたいに誰か買ってくれれば儲かるっていう単純なものではないわけです。

なにげにかなりたくさんの会社の報酬プランを調べてしまいました。多分数十社くらい調べた気がします。それだけ調べて、やっと理解できました。

遠回りし過ぎですかね?(^^;

ネットワークビジネスの商材でアフィリエイトをするのは現実的?

ネットワークビジネス商材はダメだ!なんていう気はありません。

結局のところ、やり方次第なんでしょうね。そして、何しろ調査が重要です。

個人的には上で紹介した「人脈を作ってるだけだと言い張る方法」はあまりよくないような気がします。

ダメってわけじゃないんですが、アフィリエイトリンクだけ貼って済ませられるというアフィリエイトのメリットがなくなってしまいますよね。

そうすると、インターネットでの勧誘を禁止していないネットワークビジネスの会社を探さないといけないわけで。

それから、次は報酬の問題。

高いお金を払って代理店になってくれる人だけを対象にしたアフィリエイトをするのも有りだとは思います。

しかし、その間、自分が「高い代理店料金」を払い続けなければいけないので、しっかり損益を計算しておくべきです。

報酬と参加費(カッコよく言うと、特定利益と特定負担)をしっかり見たうえで、十分に稼げるというのであれば、参加しても良いでしょう。

  • インターネット勧誘が可能か?
  • しっかり利益を取れるか

この2点をクリアできる商材は見つかれば最強でしょうね!とにかく調査が重要です!

まぁ……いい感じのものもあるっちゃあるんですが、結局勧誘目的かよ!!って思われるのもシャクなので、ここには書きませんw

皆様がんばって探してみてください(^w^b

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。