仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

FXや仮想通貨で海外取引所を使うメリットと、自動売買のススメ

この記事を読まれている方の多くは、ビットコインのトレーディングBOTに関する記事から来られているかと思います。

なので、それを踏まえてまずは僕の考え方で重要なものを二つ、書いておきます。

  • 自動売買で稼ぐつもりなら、ビットコインにこだわる必要はない
  • 自動売買で稼ぐつもりなら、APIを使うよりメタトレーダーを使った方が有利

ビットコインの自動売買で稼げる人なら、FXの自動売買でも十分に稼げるはずです。

メタトレーダーの優位性については前回の記事を読んでいただければ……と思います。(記事はこちら

さて、その上で、国内のFX・国内の仮想通貨取引所・海外のFX・海外の仮想通貨取引所、これら四つの特徴を書き、最適な自動売買戦略を考えていきます。

国内のFX

あまり大きなレバレッジを必要せず、堅実な取引をする場合には、国内のFXが一番良いと思います。海外と比べ、スプレッドは小さく、非常にやりやすいです。

上述の四つのうち、唯一分離課税の対象となるため、利益が出た時に税金を安く抑えることができます

ただし、メタトレーダーの対応状況が悪いことと、ギャンブル感覚で楽しむ人には堅実過ぎるというデメリットはあります。

この記事の執筆段階でMT4・MT5の両方に対応している国内取引所は「外為ファイネスト」「OANDA証券」「AVAトレード」の三つだけです。

国内の仮想通貨取引所

これは最悪の選択肢です。分離課税の対象にもならないため、国内の仮想通貨取引所を使うくらいであれば、海外の取引所を使うべきです。

レバレッジも通常のFX以上に規制が厳しいです。

(あくまで自動売買をする想定の話です。利便性は高いため、売買益を狙う以外の利用方法であれば、使う価値はあります。)

海外のFX

海外FXを使うメリットはレバレッジの高さとサイトによっては仮想通貨の取り扱いがあることです。

ざっくりとした印象ですが、海外のFXはガチのトレーダー向けのものと、ギャンブル感覚で楽しめるものの二極化が激しいように思います。

ガチのトレーダー向けのサービスを利用する場合、手数料やスプレッドは小さく設定されていますが、各種ボーナスは少ない印象です。

反対にギャンブル要素の高いサービスだと、スプレッドや手数料が大きく設定されている代わりに、入金ボーナスやらジャックポットボーナスやら謎のキャッシュバックが多数発生します。これらのボーナスは国内では法律的にアウトらしく、海外FXならではのサービスです。

GemforexXMtradingIS6FXあたりがこれらのキャッシュバックに積極的な印象があります。

真面目に自動売買で稼いでいく場合、ボーナスに期待しなければいけないようなサービスを使う必要はありません

ただし、GemforexIS6FXはタイミングによりますが、口座開設ボーナスが一万円以上つく場合がありますので、テスト稼働する際にはそこそこ使えます。

真面目に運用するのであれば、AXIORYtradeviewがオススメですが、普通に登録せず、TariTaliというサイト経由で登録してください。

これも海外FX特有の事情ですが、取引手数料の一部が紹介者に支払われるという仕組みがあります。TariTali経由で登録すると、TariTaliに支払われる手数料のうち、一部が自分にキャッシュバックされます。

このため、TariTali経由で申し込んでおけば、実質的にスプレッドを小さくすることができます。

ただし、TariTali経由の申し込みの場合、上述の各種ボーナスの対象外となることが多いです。ギャンブル感覚で楽しみたい人はTariTaliを通さず、上述のGemforexXMtradingIS6FXあたりに登録して破産すれば良いと思いますw

真面目に取り組むのであれば、とりあえずTariTaliに登録し、そこで紹介サイトの中から自分にあったものを選ぶのが正解です。

考えるのが面倒な方にはtradeviewをオススメしておきます。日本語対応が甘く、分かりづらいところはありますが、スプレッドが小さく、仮想通貨の取り扱いもある申し分のないサイトです。

海外の仮想通貨取引所

BINANCEを筆頭に優秀なサイトが多いですが、自動売買をするのであれば、オススメできるところはほとんどありません。

APIを使ったトレードとメタトレーダーのEAと両方作ってみたからこそ分かりますが、メタトレーダーが便利すぎて今さらAPIで開発する気になれません

もし、今後、APIトレードをするにしても、まずはメタトレーダーで開発し、しっかりと勝てることが確認出来てから、APIで作り直すといった手順を踏みます。

二度手間に思うかもしれませんが、その方が効率的だと言えるくらい、開発がラクになります。

そんなわけで、自動売買をするのであれば、海外の仮想通貨取引所も全くオススメはしませんが、例外としてBitterzを上げておきます。

Bitterzは仮想通貨FXの専門業者という位置づけで、知っている人もいると思いますが、サイトの作りは完全に海外FXのサイトの作りそのもので、取引プラットフォームもMT5が採用されています。

レバレッジは最大888倍と高く、口座開設ボーナスやら入金ボーナスやらがたくさんあり、上述したギャンブル感覚で楽しめる海外FXサイトを仮想通貨専業にしたようなサイトになっています。

結局どうすりゃいいの?

この記事を読んでいる人の多くは、ビットコインのトレーディングBOTを作ろうとしている人かトレーディングBOTを購入しようとしている人のいずれかだと思います。

(Googleアナリティクスやらサーチコンソールやらを見ての判断です)

いずれにせよ、まずはTariTali経由で仮想通貨に対応した海外FXのサイトに登録することをオススメします。自分が使っているのがtradeviewなので、とりあえずはtradeviewをオススメしておきます。

そして、自分で開発する人はMT4でもMT5でも良いので、開発してみてくださいtradeviewだと両方に対応しています。

また、トレーディングBOTを購入しようとしている人はEA販売サイトを検索してみてください。通常のFX用に作られたとんでもない量のEAを仮想通貨FXに転用することができます

実際に動かしたうえで、仮想通貨でやる意味がないと判断したのなら、そのまま通常のFXに移行するのも良いと思います。

通常のFXに移行するのであれば、その時、国内の取引所を検討してみてください。国内の取引所のレバレッジは最大25倍ですが、レバレッジの大きさがそれで十分なのであれば、分離課税が適応される国内FXのサイトの方が有利です。

まずはTariTaliの登録からどうぞ ⇒ taritali.com

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。