仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

仮想通貨は英語で「Cryptocurrency(クリプトカレンシー)」です。仮想通貨と暗号通貨の話・翻訳サイトはWeblioが良い話

ブログに仮想通貨に関する記事を書き始めたころ、URLを英語にするにあたり、「virtual-currency」という単語を使っていた。しかし、勉強していくにつれ、キチンと「Cryptocurrency」という言葉があることを知りました。

今は「Cryptocurrency」を使っています。この記事のURLも「https://fujori.com/it-and-pc/crypto-currency/english」としてあります。

仮想通貨は日本語で何ていうのか?

今さら英語ではなく、日本語の話ですが、仮想通貨には暗号通貨という言い方もあります。wikipediaで両者の意味を調べて比較してみると……

仮想通貨(かそうつうか)とは法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。

暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。

……とあります。

仮想通貨のうち、暗号理論を用いて取引の安全性の確保し、発行の統制を取っている一部の仮想通貨を暗号通貨というのが正しいところなのですね。論理学的な言い方をすると、暗号通貨は仮想通貨の部分集合であると言えます。

現在、一般的に仮想通貨と呼ばれているもの(ビットコインやらイーサリアムやらなんだかんだ)は、すべて暗号理論を用いて取引の安全性を確保し、発行を統制しているため、暗号通貨と言えます。

しかし、現実的に見ると、暗号化されていない仮想通貨が一般的に仮想通貨という呼び方で呼ばれない以上、仮想通貨と暗号通貨は同じものと見てよいでしょう。

英語で仮想通貨はなんと言うか?

英語にはいわゆる日本で仮想通貨と呼ばれているものを示す言葉として、「cryptocurrency(クリプトカレンシー)」という新しい単語があります。仮想通貨という言葉をなるべく言葉の意味に忠実に英訳してしまうと、「VirtualCurrency(バーチャルカレンシー)」となってしまいますが、日本で仮想通貨と暗号通貨がほぼ同じ意味で使われていることを考えると、「Cryptocurrency」と訳すほうが無難でしょう。

ところで、「Cryptocurrency(クリプトカレンシー)」はまだまだ新しい言葉なので、翻訳サイトで訳せるのかちょっといろいろ試してみました。

使用したサイトは以下の10サイトです。

  • Weblio翻訳
  • Google翻訳
  • babylon翻訳
  • Dictionary.com翻訳
  • So-net翻訳
  • Infoseekマルチ翻訳
  • Bing翻訳
  • エキサイト翻訳
  • 百度(バイドゥ)翻訳
  • Yandex翻訳

ちなみに個人的には、Weblio推しです。一番使いやすく、比較的正確だと思っています。

仮想通貨・暗号通貨を翻訳サイトで訳すと

まずは、この表をどうぞ。(2017年09月02日段階)

翻訳サイト 仮想通貨の英語訳 暗号通貨の英語訳 英訳の暗号通貨日本語訳 Cryptocurrencyを日本語訳
Weblio Virtual cuurrency Cryptocurrency wikipediaの説明がそのまま表示された
Google Virtual cuurrency Encryption currency 暗号化通貨 暗号性
babylon Virtual cuurrency Encryption currency 暗号化通貨 Cryptocurrency
Dictionary.com Virtual cuurrency Code currency 通貨コード Cryptocurrency
So-net Virtual cuurrency Code currency コード通貨 潜在通貨
Infoseekマルチ Virtual cuurrency Code currency コード通貨 潜在通貨
Bing Virtual cuurrency Cryptographic currency 暗号化通貨 Cryptocurrency
エキサイト Virtual cuurrency Cipher currency 暗号文通貨 Cryptocurrency
百度 Virtual cuurrency Token currency トークンの通貨 Cryptocurrency
Yandex Virtual cuurrency Cypher currency サイファ貨 Cryptocurrency

これを見て、まず面白いのは、仮想通貨の英訳は満場一致で「VirtualCurrency」だということですね。しかし、上記の理由で「Cryptocurrency」と訳す方が無難です。

次に、さすが僕の推しです。Weblioが唯一、暗号通貨を「Cryptocurrency」と訳してくれました。しかし、面白いのは逆に「Cryptocurrency」を日本語訳しようとすると、「暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である。」と表示されます。これ、明らかにWikipediaからデータ引っ張ってますよね(^^;

道理でWeblioの翻訳は使いやすいワケです。このあたり、他の翻訳サイトとは一線を画しています。

それから、暗号通貨の英訳が、各サイト様々なのも面白いですね。まぁ、機械が勝手に訳してるワケですが、なんだか分からないクイズに必死で答えようとした回答みたいですw

最後に「Cryptocurrency」を訳すと、そのまま「Cryptocurrency」と返ってきたサイトが6サイトもありました。そんな言葉ねぇよ!って、言われた感じがします。新しい言葉の対応が間に合っていない翻訳サイトが多いワケですね(^^;

ことの発端は仮想通貨記事のURLをどうするか?というちょっとした問題だったワケですが、調べてみるといろいろ面白いもんですね。そして、勉強に使用するには、やっぱりWeblioが最強だと思いました。

関連記事 ⇒ 仮想通貨の定義は?

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です