仮想通貨100種類以上紹介のブログ……を目指して(^^;

ビットコイン(仮想通貨)と電子マネーってどう違うの?って方のためのビットコイン入門

最近のICOではSharpayが良さそうだ ⇒ 究極のイイネボタンを提供するSharpayICO

意外にこのICO成功するんでない? ⇒ ブロックチェーン宝くじプロジェクトMOS

 

さて皆様はビットコインは使われていますか?

僕は先月よりVALUを使いはじめまして、そこで初めてビットコインの取引所に口座を開設し、ビットコインを使用し始めました

ちなみに、それまではビットコインというものを良く知らず、オンラインゲームなどで使われるような若干マニアックな電子マネーの1つだと思っていました。ようするにWEBマネーみたいなやつの同類だと思っていたワケです。それでいて、楽天EDYやWAONやnanacoのように有名になれない電子マネーだと思いこんでいました

そして、coincheckに口座を開設して、ビットコインを買ってみてびっくり、そこにはFXのようなチャートが表示されているではありませんか。

(良く分からないままにFXに手を出したことがあったため、本当にFXのように感じました)

しかも、ビットコインを表すBTC以外にも沢山の仮想通貨が表示されていました。本当にこれはFXの画面で、ドルやユーロなど、沢山の通貨が表示されているのとそっくりです。

それもそのハズ、ビットコインって通貨だったんですね。「仮想通貨」はあくまで「通貨」なんです。

だから、円高ビットコイン安や円安ビットコイン高ということも普通に起こるワケですね。

そんなワケで、ビットコインと電子マネーは比べるのもおこがましいくらい違っており、むしろ現実の通貨と比べた方が理解しやすいものなワケです。

では、現実の通貨とどう違うの?

まず、簡単にまとめてしまうと、下記のようになります。

ビットコイン 現実の通貨
実体 なし。データ上の存在のみ 貨幣や紙幣
使える範囲 世界共通 基本的に国ごと
発行者 プログラム その国の政府
上限 有限(2100万※ビットコインの場合) 無限
使える場所 受け取ってくれる相手なら世界中 基本的に発行国内のみ
送金手数料 安い 高い

次に下で簡単に説明します。

ビットコインの実体

プログラム上でのみ存在しており、実際に手に取れるコインのようなものは存在していません。それって安全なのか?という疑問は絶対に湧くかと思います。まぁ、安全性は高いんですけどね。安全性についての記事はいずれ別途書きたいと思います。

ビットコインを使える範囲

実は世界共通のものなんです。

ビットコインの上限

発行数に上限が設定されており、2140年までに2100万BTCが発行されるようにプログラムが組まれています。この点において、現実の通貨よりも安全ということもできます

日本は幸いなことに通貨が安定しています。日本円って超安心の通貨のイメージがありますよね。でも、もし政府がバカなことをしだして、大量の紙幣を印刷してしまったりすると、日本円の価値は下がってしまいます(そんなことはないと思いますが)。これに対して、仮想通貨は上限が定められており、しかもすでに75%以上が発行された状態となっています。このため、発行されすぎるという心配はないワケです。

ちなみに中国などでは、人民元よりも安心だという理由で、現実の通貨を仮想通貨に変えて保管しておく人も出てきているとのことです。

ビットコインを使える場所

ここが現状ビットコインの弱みです。まだまだ知名度が低いため、仮想通貨払いを受け入れてくれる店舗は少ないです。ただし、アメリカではamazonで、すでにビットコイン払いが可能となっています。また、日本でもビックカメラやマルイなどが、少しずつ取り入れているようです。さらに面白い点があります。それは受け入れようと思えば、簡単に受け入れる仕組みを導入できるようになっているために、小売店などで受け入れるところも出てきています。

この部分は少し、WEBマネーと比較すると面白いかと思います。例えば、WEBマネーで有名な楽天EDYなどの決済を可能とするためには、楽天EDYを管理している楽天に申請する必要があります。これに対してビットコインは特定の会社が管理しているワケではないので、受け取れる口座があり、受け取る気があれば、すぐに決済を導入することができます

送金手数料について

ここが、ビットコインの最大の強みです。送金手数料は0.027%程度です。10万円分を送金して、やっと27円くらいといったところですね。しかも海外あてでも同様の価格でいけるので、グローバルな取引を考える上では圧倒的に有利だと言えます。

最後にこれって使うべき?

こればっかりは自己責任でお願いしたいところですねw現在の流れを見る限り、ビットコインの価値は日本円と比較しても勢いよく上がってきている状態です。この記事を書いている段階での価格は387,887円となっており、ちょうど1年前は5,000円程度だったので、1年で7倍以上になっています。そして、今後も使用する人が増えていった場合のことを考えると……なんかすごいですよねw日本での知名度の低さを考えると、まだまだ価値は上がっていくように思います。

そうすると、相対的に日本円の価値って下がってることになるんですよね。今後のことを考えても、念のため貯金の一部をビットコインに変えておくことは、1つのリスク分散だと思われます。

もしまだ仮想通貨を持っていない人はこちらからどうぞ ⇒ 【GMOコイン】

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です