仮想通貨100種類以上紹介のブログ……を目指して(^^;

タブレット学習は優秀!プリント学習なんてもういらない?



娘2人にスマイルゼミをやらせています

数年前まで、タブレット学習に懐疑的でした。ごめんなさい。

今は長女(中3)と次女(小1)にスマイルゼミをやらせています。まぁ、二人とも受験に向けてせっせと勉強しているって感じではないんですが、気が向けば使っています。三女(年中)には「もうちょっと大きくなってからね~」って言ってあります。

この気が向けば使うってのが大事ですよね。普通のプリント教材って、なかなか子供の気が向くことってないんですよね(^^;

ようするに……

「ゲームしようかな?アニメみようかな?iPadいじろうかな?それともスマイルゼミやろうかな?」

こういう感じでスマイルゼミに手を出してくれることは実際にあります。

けれど……

「ゲームしようかな?アニメみようかな?iPadいじろうかな?それとも計算ドリルやろうかな?」

という発想は、ウチの子に限って、絶対にないw他の多くの家庭でもそうだと思いますがw

タブレット教材のクォリティーは年々上がっている

ちょっと横で見ていても、タブレット教材は本当によくできています。計算練習や漢字練習などはもちろんですが、英語の発音なんかも教えてくれます。次女は何を気に行ったのかわかりませんが、結構流暢な英語で「cucumber!cucumber!(キューカンバー・きゅうり)」と連呼していたりします。英語はこんなふうに遊び半分に覚えていけるととても良いですよね(英語に限らず他の教科でもそうですが)。それに対してプリント教材はしゃべってくれませんもんね。

数年前、タブレット教材が出始めた当初から考えると、技術革新が大きいなと思います。今でこそGoogleやSiriの音声検索は一般的ですが、ほんの少し前までは考えられないものでした。もう数年経つと、タブレット教材は優秀な家庭教師のような存在になるかもしれません。

かく言う僕はタブレット教材には懐疑的でした

僕は子供の頃、勉強は得意な方でした。なので、ある程度のとこ小中学校の勉強をバカにしていたところもあります。また、自分はプリント学習で成果を出していたという自負もあり、算数と数学は計算プリントにより反復学習こそが最善の勉強法だと思っていました。あまりにもプリント学習を信仰するあまり、計算プリント作成サイトなんかを作ってしまったぐらいですw(もし使っていただけるなら、こちらからどうぞ ⇒ kisox(キソックス)- 計算問題プリント自動作成(無料)

それと同時に進研ゼミのような通信教育は簡単すぎて意味がないと思っていて、タブレット教材は、レベルの低い内容のものしか扱っていないと思っていました。

が、ほんの3年前くらいからなんですが、通信教育でもっとも難しいZ会がタブレットコースを始めてしまったんですよね。いやいや、Z会の教材は本当に難しいですよ(^^;

そうして、子供の教材の候補として、真面目にタブレット教材を考えるようになりました。

タブレット教材を使ってみて

本当はZ会のタブレットコースをやらせてみたかったんですが、現状はまだ小学校3年生からのコースからしかなく、小学校1年生の次女にはやらせることができなかったんです。(それと、中学3年生の長女はあまり勉強が得意ではなかったので)それで、タブレット教材としては老舗のスマイルゼミにしました。

さすが老舗だけあって、内容・使い勝手ともに申し分ないです。個人的に感動したのは、子供の勉強の成果が親のスマホに送られてくる機能です。サラリーマンとして忙しく、なかなか子供の勉強をみてやれないんですよね(T-T)

次女が小学3年生になるころには、Z会にすることも考えつつ……でも、スマイルゼミにも中学受験コースがあるようなので、なやみどころですね。

でも、間違いなく、今後もどちらかを使わせていきます

スマイルゼミをご検討の方はこちらからどうぞ ⇒ ◆スマイルゼミ◆

Z会タブレットコースをご検討の方はこちらからどうぞ ⇒ Z会の通信教育

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です