仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

ゲーム内から直接売買マーケットに接続するための仮想通貨DMT(DMarketディーマーケット)

下落局面でも好調だったマイニングプールARBはチャンスかも仮想通貨の種類一覧へ

Bittrexでまたもゲーム関連の仮想通貨が上場しました!

昨年からゲーム系のコンセプトの通貨の上場が続いている気がします。

EBST1stUKGWAXなどいろいろありますね。

1st・UKGはeスポーツ関連、WAXはゲーム内アイテム売買プラットフォーム関連です。

もしかすると、まだ未上場のゲーム関連の通貨は今後も上場の可能性が高いのかもしれませんね。

さて、今回紹介するDMT(Dmarketディーマーケット)はゲーム内アイテムの売買プラットフォームを提供するので、WAXに近いコンセプトの仮想通貨のようです。

DMT(Dmarketディーマーケット)の概要

ゲームアイテム売買プラットフォームのDMT(DMarketディーマーケット)まずはDMarketのサイトで、様々なゲーム内アイテムの売買ができるようになります。

で、当然のことながら、ブロックチェーンを利用しているので、高セキュリティかつ低コストで、安全安心に取引ができるようになります。

第三者の介入もありません

取引通貨はドルが採用されており、登録にはKYCが必要で……と、まぁ、ここまでだとあまり特徴のないゲームアイテム売買プラットフォームって感じですよね(^^;

DMT(Dmarketディーマーケット)の特徴

もうすでに似たようなコンセプトの仮想通貨WAXが上場していますので、大きく違うと言える部分に注目してみたいと思います。

最大の特徴は取引のためのAPIが提供されるため、ゲーム内で直接DMTのブロックチェーンを利用して取引ができるということです。

このため、ゲーム開発者からすると、自分のゲームの規模を成長させるための足掛かりにすることができます。ちなみに開発者はGoogleのAPIを使って、すでにDMarketに接続できるようになっています。

WAXはそもそもが、大きなゲームアイテムのプラットフォームを運営しており、それをよりよくするためのプロジェクトと言った印象で、あまり革命的なものは見当たらないプロジェクトでした。

両者ともゲームアイテム売買プラットフォームを提供するプロジェクトでありながら、思想はかなり異なるようです。

ビジョンだけをみると、DMTの方が壮大で、新しい未来を見せてくれる印象を受けます。(実現するかどうかは別として)

実現の可能性と将来性は?

ぶっちゃけ分かりませんね(^^;

公式サイトを見る限り、Dmarket(ディーマーケット)もすでに稼働しているようです。

けれど、もともと大きなプラットフォームを持っていたWAXに比べると、DMTはかなり遅れている感じがします。まぁ、目指すところも違えば、スタート地点も異なるので仕方ないとは思いますが。

価格の高騰も、きっとWAXよりずいぶん遅れたものとなるのではないでしょうか。

10年先を見越した投資と思った方が良いかもしれませんね。

公式サイトはこちら ⇒ dmarket.com

下落局面でも好調だったマイニングプールARBはチャンスかも仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です