仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

仮想通貨BCPT(BlockMasonCreditProtocolブロックメイソンクレジットプロトコル)はオカネの貸し借りの記録に関するプロトコルを提供する

下落局面でも好調だったマイニングプールARB絶好のチャンス!!仮想通貨の種類一覧へ

ソーシャルレンディング関連の仮想通貨っていうとSALTなどがありますが、個人的に凄く興味があるんですよね~。

現在、お金の貸し借りって実質的には銀行に預け、銀行から借りるという形になっている部分が大部分です。

当然のことながら、預ける方はかなり安い利息になり、借りるほうはかなり高い利息となります。

ブロックチェーンの力で、間くらいの利息で安心できる取引なんかができれば、ホントに言うことないんだケドなぁ……と思います。

仮想通貨BCPT(BlockMasonCreditProtocolブロックメイソンクレジットプロトコル)の負債の記録のためのプロトコル

BCPT(BlockMasonCreditProtocolブロックメイソンクレジットプロトコル)公式サイトは日本語版があるのですが、技術的な話題と法的な話題が多く、イマイチ分かりにくいですね(^^;

ようするにイーサリアムのブロックチェーン上に負債の履歴を残せて、なおかつサイドチェーンを使うからスケーラビリティの問題もOKといった感じの内容です。

(開発はjavascriptでOKなようです。0xやらLISKやら、javascriptを採用する仮想通貨って、結構多いなぁ……)

あくまで記録を残すことに特化しており、この記録を残す際にBCPTが必要だから、BCPTは証券ではなく、商品だと言っているようです。

アメリカはICO周りの規制が厳しいので、この法的な部分が重要なワケですね。

規制が厳しくなってから初めてのICOだった

法律が厳しくなってから、アメリカでは簡単にICOをできなくなってしまいました。ICOで調達した資金の差し止めをくらった会社もあり、かなり慎重にならざるを得なかったワケです。

そんな中、BlockMasonCreditProtocolは先に「Friend in Debt」というアプリを作成し、その上で必要なトークンとしてICOを開始しました。

……にしても、このアプリ探すと見つからないんですが。それっぽいリンクをクリックすると、BlockMasonCreditProtocolの公式サイトに飛ばされてしまいます。

法律クリア用ってだけだったんでしょうか?(^^;

まぁ、目下の目玉商品である「lndr(レンダー)」がそろそろリリースされるようなので、そちらに期待しておきましょう。

lndr(レンダー)とは?

お金の貸し借りができるアプリケーションです。使用できる通貨として、まずはイーサリアム、ビットコイン、ライトコイン、ドッジコインを掲げています。先々は他のトークンでも使用できるようにする予定のようです。

貸し借り以外にも、例えば友人たちと割り勘で支払う際に小数点レベルでしっかりと割ったり……と言った使い方ができるようです。

これらの記録はイーサリアムのブロックチェーン上に記録されるようなので、永久かつ安全に記録できます。

将来性は?

lndrのリリース以後はマーケティングに力を入れ、BCPTを使ったDAppsの呼び込みに注力するようです。ここでどれだけのDAppsが登場するかが、BCPTの価格に大きく影響していくことでしょう。

しかし……個人的には「lndr」自体にすでに興味津々だったりします。

利息も設定できるのかな?担保云々はどうなのかな?なんて感じです。

理由は最初に掲げた通りですが、ソーシャルレンディングってそれ自体、将来性のある分野だと思うんですよね~。

資産運用の新しい形として一般的になれば良いな……と、さらに貸し倒れの担保までブロックチェーンで取れないものかね……なんてことを思います。

ロジック的には想像もつかないですが(^^;

公式サイトはこちら ⇒ blockmason.io ・ lndr.io

下落局面でも好調だったマイニングプールARB絶好のチャンス!!仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です