仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

イーサリアムDAppsをより作りやすく、使いやすくする仮想通貨ZRX(0xProtocolゼロエックスプロトコル)

EssentiaのICOは良いと思う仮想通貨の種類一覧へ

ついにZRXがBittrexに上場しましたね。

てか、0xProtocolを使用している仮想通貨(REPなど)がすでに上場しているんだから、もっと早くても良かった気はしますけどね。

表に出て活躍するタイプのプロジェクトではなく、完全に裏方の仮想通貨です。なんかしらかの技術者しか興味を持たなさそうな仮想通貨ではありますが、なにげにスゴイ通貨なんです。

大雑把な言い方をすると、このプロジェクトから提供されるものは、「0x.js」というJavascriptのプログラムだけです。(ああ、なんて技術者向けな雰囲気w)

僕は素人ですが……「0x.js」を使って何か作ってやりたいって気になるプロジェクトですよ!(^^b

0xProtocolは分散型取引所のイメージが強いけれど

仮想通貨ZRC(0xProtocol)でイーサリアムはより便利になる0xProtocolといえば、DEX(分散型取引所)のイメージが強いです。けれど、0xProtocolのプロジェクトの本体は分散型取引所ではありません。(0xOTCという取引所は作ってますが)

上で挙げた「0x.js」を使えばDEXが簡単に作れるというだけです。そして、その部分が分かりやすいので、その部分ばかりが注目されているような気がします。

この「0x.js」は分散型取引所を作るためだけにあるワケではありません

簡単に言うと「0x.js」はイーサリアムやイーサリアム上に作られたERC20トークンを交換するためのプログラムです。(ここだけ読むとそのまま分散型取引所ですね(^^;)

ただし、それを何に使うかは作り手の自由だというワケです。

自分でトークンを発行して、「0x.js」を使ってアプリを作ったとします。支払いの際には自分のトークン以外でも「0x.js」を使用している他のトークンやイーサリアムでの支払いを受け入れることができるようになります。

間で「0x.js」が動くことによって、他のトークンも自動的に売買されて自分の発行したトークンになって決済される……といった感じでしょうか……。

非常に分かりにくいですね。使う側にとっては海外の通販サイトで日本のクレジットカードで決済したときに勝手にドルが円換算されて決済されている……あのイメージに近いでしょうか。

DAppsが作りやすくなる!

イーサリアム上にアプリを作ろうとすると、開発言語はSolidityです。

イーサリアム専用に作られたコントラクト志向言語で、まだまだ技術者の少ないプログラミングですね。

これに対して、「ox.js」はJavascriptです。すでに利用者のかなり多いプログラミング言語ですね。深く突っ込まなければ、比較的習得も早い部類に入ります。

WEB系のプログラマの方は100%使っていることでしょう。また、非プログラマなWEBデザイナーさんでも使うことがあるような超有名言語ですね。

(……とすると、もともとJavascriptを採用している高機能通貨のLISKはライバルになりうるのか(^^;)

DAppsが使いやすくなる!

「ox.js」を使っていれば、おそらく決済はほとんどもっともメジャーなイーサリアムが採用されるのではないでしょうか。

開発者の方の工夫次第ですが、いちいちマイナー通貨に交換する必要が一切なくなります

やりようによっては、交換していることすら意識させずにイーサリアムだけですべてが完結しているように見せることもできそうですね。

また、0xProtocolは交換の効率についても注意が払われています。

実際にどんなものかはよく分かりませんが、ブロックチェーンが必要ない部分はブロックチェーンを使わない仕様となっています。

おそらく、イーサリアムブロックチェーン全体に与える負荷も少なく、処理速度も速く、手数料も安いものになるように思われます。

仮想通貨ZRXの役割

さて、この0xProtocolのトークンZRXの役割についてです。

ZRXは0x.jsを使用して取引を仲介した人の手数料として支払われます

つまり、分散型取引所を作り、利用者がいれば、ZRXが手に入るというワケですね!

……作ってみようかなw

Bitfinexが参加するという凄さ

さて、そんな便利そうな0xProtocolですが、利用者が増えないと、いざ通貨を交換しようとしても交換してくれる人がいなくなり、実質的に処理がとまってしまいます。

そんな心配がある中、仮想通過の最大手取引所であるBitfinexが参加することになりました。

サイト名はEthfinexですがw

こんな大手が参加すると、交換はかなり加速されますよね。0xProtocolのコンセプトの実現を考えるとかなり重要なトコですね。

0xProtocol最大の弱点

ここまで、トコトンこの0xProtocolを褒めてきましたが、1つだけ大きな弱点があります。

それは、イーサリアム自体がコケたら完全にアウトということです。

このプロジェクトはそもそもイーサリアムとイーサリアムから作られたトークンをより便利にするためのものです。

このため、単独ではまったく価値がなく、イーサリアム自体が使われなくなってしまうと、なんの存在意義もありません

まぁ、当分大丈夫……というか、今後絶対伸びていく!と、僕は思ってますがw

なんにせよ今後が楽しみですね♪

公式サイトはこちら ⇒ 0xproject.com

EssentiaのICOは良いと思う仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です