仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

投資対象としてのVALUを考えてみる

 

※2018年01月27日追記
この記事ではやたらcoincheckを推しています。coincheckは現在ハッキング被害を受けており、現状では復旧の見通しが立っていません。記事はあくまで参考程度に読んでください。

最近、仮想通貨に投資対象として興味を持ち始めました。(昨日の記事参照

ほんの2か月ほど前に初めて仮想通貨を買ったのって、twitterで見かけたVALUを見たのが原因でした。その時はただただVALUを買うためにビットコインを買っただけでした。

当時から比べるとビットコインの値段は2倍以上になっています。

これってスゴイことで、その当時VALUのVAを買って値上がりしていない人のVAでも、日本円で計算すると、価値が2倍になっていることになります。

今まで単純にVALUは何かやりたい個人が資金を調達する手段であるべきだと思っていました。けれど、浮いている長期保有のビットコインの行く先としても優秀なサービスではないかと思うようになりました。

仮想通貨で上がった利益の税金はややこしい

仮想通貨の投資で利益を上げてしまった際の税金って、きっちりとした法整備がされていません。このため、各都道府県の税務署によって、判断が異なるようです。

ちなみに現状は円にして引き出した時に利益とみなされることが多いようです。すると、なかなか仮想通貨で利益を上げても、現金にしにくいですよね?

サラリーマンの場合、年間で20万円以上の利益を上げてしまった場合、確定申告が必要となります。そうするとそれを避けるための選択肢は二つです。

  • ビットコインのまま使ってしまう
  • ビットコインのまま持っておく

1つ目の「使う」という選択肢ですが、現状はまだなかなか難しいように感じます。使える店がまだ少ないということと、額によっては使いきるのも難しいです。(現在、ビックカメラの全店舗で使えるようになり、マルイが試験的に導入を始めたということが話題になってきてはいます。coincheckで電気代の支払いをすることが可能です。)

2つ目の選択肢ですが、これについては、普通に持っているだけでは利子がつくワケでもなく、投資効率が悪いように思います。(coincheckには利息のつくサービスも存在しています。これはこれでオススメ)

そこで、VALUを使って、気軽にビットコインを再投資できるというのは、効率が良いということに改めて気付きました。

値上がりだけを考えなくてもよい

値上がり益を狙って、上がりそうな人のVAを買うというのも効率の良い投資方法だと思います。また、上がらなくても、価値の増加はビットコイン自体の値上がりに任せ、優待を楽しむこともできます。

一応規約上、換金性の高い優待は禁止されているようですが、金銭的に価値のない優待なんて存在しません。発行者の方が時間を割いてやってくれることは、どれにも確実に金銭的な価値があります。本来であれば、寝かせるだけになってしまうビットコインがなんらかの価値を運んでくれるワケなので、ビットコインをそのままにして置くよりも確実に効率が良いはずです。

単純に投資と割り切るだけでなく、コミュニケーションツールや人脈開拓にVAを購入するのもありだと思います。結構有名な方でも、自分に投資してくれた人には興味を持つものです。

そして、当然のことながら、自分が無駄に寝かせていたビットコインは、VALU発行者の方がそれぞれ考えて、効率的に利用してくれます。誤解を恐れず、敢えて悪い言い方をしますと、VALU発行者の方が、日本円に変えて、税金を払うことになったとしても、自分には税金はかかってきません

ほとんどタンス預金状態になっているビットコインの行く先としてもVALUは本当に有効だと思います。

長期保有で寝かしているビットコインをお持ちの方は、ぜひVALUを始めてみてください。とても面白いサービスです。世間的には某YouTuberのせいで、変な印象も付いているVALUですが、それらも含め、良い面も悪い面ももっともっと活性化して欲しいと思っています。

VALUを始めてみる方はこちら ⇒ VALU

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です