仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

なにせ独自トークン発行の仮想通貨・XCP(CounterPartyカウンターパーティー)

EssentiaのICOは良いと思う仮想通貨の種類一覧へ

この仮想通貨については、以前、zaifで扱っているトークンをまとめて紹介した時にも書いたことがあります。(Zaifで扱っているトークンまとめはこちら

CounterPartyといえば、独自トークン発行ってイメージが強いですね。僕もやってみようと思ったことがあります……、が、検索してみると、あまりにもやっている人が多過ぎて、やる気をなくし、敢えてNEMでやってみた経験はあります(^^;(⇒NEMで独自トークン発行

良く考えると、Zaifで取り扱っているトークンの多くがCounterPartyですね。その中でもPEPECASH(MEME)やBitcrystal(BCY)などBittrexにしっかりとBittrexに上場しているトークンもあり、もとのCounterPartyの偉大さを感じます。

すでに様々なサービスが稼働中

上記のとおり、独自トークンといえば、CounterPartyってくらい有名ですが、それに付随するように様々なサービスがすでに稼働しています。

まずは取引所です。せっかくトークンを作成しても売買できる環境がないと、資金集めに使用できませんよね。作成したトークンを売買するための場がすでに設けてあります。

それから、投票に使用することができたり、名前を取得したりができます。そして、開発者向けの情報がしっかりと掲載されています。

CounterParty(XCP)より、そこにできるものが重要

CounterParty(XCP)正直なところ、CounterParty(XCP)自体はどちらかというと、開発者向けの感じが否めない気がします。

けれど、例えばCounterParty上にあるPEPECASH(MEME)やBitcrystal(BCY)は、どちらもコンテンツを利用するために利用する仮想通貨です。こちらはユーザーが利用するためのものだという印象の強い通貨です。

Bitcrystal(BCY)は完全にゲーム内通貨ですしね。

今後、様々な開発者が参加していくことにより、価値の上昇が見込んで行けるような気がします。CounterParty自体の開発も日々進んでおり、最終のアップデートは先月末でした。

さらに、開発者の参加しやすい環境が整っていくとよいですね。

実は面白い位置取りの仮想通貨

CounterPartyは、実はオリジナルのブロックチェーンではなく、ビットコインのブロックチェーン上に間借りするような形で存在しています。

このため、ビットコインの安全性をそのまま継承できるという利点があるワケです。

しかし、それ以上に面白いと思うのは、ビットコインの上に乗っかっているCounterParty、そしてその上にはまたBitcrystalなどが乗っかっているというこの状態です。

そうすると、CounterParty上の1つのサービスの人気が出れば、XCPの価値があがり、ひいてはビットコインの価値が上がるという、この構図は面白いと思います。

今後、もっと面白いサービスが出来てくることを期待しています。

公式サイトはこちら ⇒ counterparty.io

EssentiaのICOは良いと思う仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です