仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

CrystalTokenの「ロック期間なし」はなくなったけれど

この記事は『儲け話』カテゴリの記事です。こちらのページをご確認の上、参考にしてください。

現在ARBが絶好のチャンス ⇒ ARBITRAGING

以前、ロック期間のないインカムゲイン系プロジェクトとして紹介したCrystalTokenですが……(⇒記事はこちら)

ロック期間なしの仕組みはなくなってしまいました(^^;

ついでにいうと、サイト内の販売所と取引所も見直され、サイト内は割高な販売所のみとなってしまいました。

仕組みの採用はあくまで利用者の投票による決定だったので、公正な判断と言えるでしょう(僕的には以前の仕組みを気に入っていたので、残念ではありましたが)

これ自体はリアルタイムな話題ではなく、1ヶ月ほど前の話題ではあるのですが、変更前に比べ、相対的に見れば価格は上昇傾向なので、多くの投資家から支持される変更だったのでしょう。

「相対的」と曖昧な書き方をしてしまったので、詳しく書くと、CYL/JPYで見ると若干下がっていますが、CYL/ETH・CYL/BTCで見ると、明らかに上昇しているということです。

なので、評価は上がっていると見てよいでしょう。

さて、あまりに大きな変更だったので、CrystalTokenを改めて紹介してみようと思います。

仮想通貨CYL(CrystalToken)の使い道

CYLはCrystalToken.coのサイト内で使えるユーティリティトークンという位置づけです。

で、どんなことに使えるかというと……

  • インカムゲイン系の仕組みに投資する
  • CrystalTokenのサイト内に広告を貼る
  • ギャンブルに使う
  • トレーディングボットの利用料として支払う

……この4つが利用できます。

この中で、特に紹介したいのはやはり、インカムゲイン系の仕組みに投資です。

これは「CrystalReward」といいます。

「CrystalReward」の詳細

条件は30日で10%の配当です。いつでも解約は可能になっています。ただし、途中解約した場合は配当はもらえません。

配当を諦める覚悟があれば、ロック期間はないという見方もできます。

このあたり、他のインカムゲイン系プロジェクトに比べると、利用しやすいといえます。

「CrystalReward」の利用方法①

まずはCYLを手に入れる必要があります。簡単に購入するならサイト内にETHを入金するのが手っ取り早いですが、サイト内の販売所は割高です。手間をかけても大丈夫なのであれば、外部のサイトで購入し、CYL自体を入金するべきです。

ちなみに取り扱っている取引所はMERCATOXfatbtcとだけです。

MERCATOXでは「CYL/BTC」「CYL/ETH」で、fatbtcでは「CYL/ETH」で取引することができます。

fatbtcは日本在住だと、出金上限がとんでもなく低いので、MERCATOXを利用するのが無難でしょう

また、その時々によって相場は変化するので、なんとも言えませんが、「CYL/ETH」はスプレッドが大きいことが多いので、「CYL/BTC」のトレードをするのが無難でしょう。

まずはMERCATOXでCYLを手に入れてください。(⇒mercatox.com

CYLを手に入れたら、CrystalTokenのサイトに入金しましょう。

ダッシュボードでCYLを選択し、銀行のマークをクリックすることで入金ができます。

CrystalTokenへCYLを入金する

「CrystalReward」の利用方法②

入金が完了したら、次はCYLを「CrystalReward」に入れます。

メニューの「CrystalReward」をクリックします。

入金する額を入力し、「Lock」をクリックします。

画像

CrystalTokenのCrystalRewardへ投資する

この後、パスワードを聞かれますので、パスワードを入力すれば完了です。

いたって簡単ですね♪

MERCATOXはこちら ⇒ mercatox.com

CrystalTokenはこちら ⇒ crystaltoken.co

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です