仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

一万円札の真意-福沢諭吉は「人間みな平等」なんてことを言いたかったワケじゃない

 

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」

めちゃくちゃ有名な福沢諭吉の『学問のすすめ』の言葉です。これだけ読むと、「人間みな平等」って感じがすごくしますね。

でも、福沢諭吉はあくまで、学問をオススメしたかっただけで、平等論をときたかったワケではありません。本当に言いたかったのは、「勉強して出した結果は平等に評価される」ということです。

え?それって当然じゃないの?

そのとおりなんですが。これは当時の時代背景が関係している問題だったりします。『学問のすすめ』がかかれた当時は明治時代が始まり、江戸時代の「士農工商」の身分制度が廃止された時代にだったのです。それまでの江戸時代は、どれだけ勉強をしたところで、農民が武士になることは許されませんでした。言いかえると、武士の偏差値60と農民の偏差値60は同様の扱いを受けて来なかったワケです。

福沢諭吉の真意は「誰の偏差値60も平等に評価される時代が来た!さぁ、みんな勉強しようぜ!!」ってことだったワケです。(現代の感覚でいうと、ちょっと不平等な感じがしますね。「勉強の不得意な人が一生懸命勉強してとった偏差値60」と「勉強の得意な人がテキトーにとった偏差値60」も平等に扱われるワケですから。)

で、現代の感覚で言わせてもらうと、完全にあたりまえのコトだけが書かれている本なワケです。

僕は『学問のすすめ』が嫌いだった

『学問のすすめ』を読んだのは最早10年以上前になります。当時、なんじゃこりゃ!?と、思いましたwいま読んで目新しいことは一切書いないあたりまえのコトしか書いていない。面白味のない本として、読み終えたらすぐに放り出しました。当時の五千円札は新渡戸稲造で、千円札は夏目漱石でしたが、この2人の著作の方がよっぽど面白く思えました。

新渡戸稲造の『武士道』なんかは、今読んでも全然学びのある内容ですし、夏目漱石の小説も現代でも十分楽しめる内容です。(小説史的な観点からも夏目漱石は偉大だと思います)

そして、お札は新しいものに変わりました。樋口一葉と野口英世です。偉大な2人です。

で、まさかの福沢諭吉は一万円札続投!?なぜ!?って気持ちでいっぱいでした。

社会人10年目くらいになって

社会に出てみて、いまでは「あたりまえのコト」でも重要なことだと思うようになりました。それは、周りの人たちを見て、「なんと勉強をしない人たちが多いことか!」と思ったためです。

僕の周りの人は、みなさん日々の仕事に一生懸命取り組む立派な人が多いです。けれど、新しく何かを学ぶ人はほとんどいません。人によっては仕事から帰ったら、毎晩お酒を飲んで寝るだけという人もいます。

書かれてから、すでに150年近くが過ぎています。けれど、なかなか人々の心に届くものではないようですね。

改めて、学問の大切さを思います。僕は常に新しい知識を得ることに力を注ぐ性質で、そのおかげで会社でも有利な立場にいられるし、わずかながら他の収入源を得ることもできています。

これからも、常に学ぶ姿勢は持ち続けて行かねばなりませんね。

諭吉(一万円札)を手にいれたくば、諭吉に学べってことですかねw

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です