仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

目をそむけてはいけない。最善のダイエット法は実は当たり前のことだけ。

 

そろそろ30代も半ばに近付き、ちょうど一年前頃、お腹が出てきました。今は出ていませんが。なにげに大学では食品化学を勉強していたこともあり、それなりには食について科学的に考えることが出来る方だったので、一年かけて自力で痩せました。やったことは、いたって当たり前のことだけです。それは……

良い生活習慣を心がける

この1点に尽きます。食事の比重を朝昼重視に改め、適度な運動をする。これだけで、健康的に痩せることができます。これもまた当たり前のことですが、この方法だと健康的に痩せることができます。というか、むしろ今より健康になります。僕の場合は、数年前から運動をしてから一日遅れて来ていた筋肉痛が、若い頃と同じように翌日になりました。

世の中ある様々なダイエット法

本当にいろんなものがあります。少し上げてみると、チョコレートダイエット、キャベツダイエット、りんごダイエット、脳ダイエット、寝っ転がりダイエット、週末断食ダイエット、8時間ダイエットなどなど……

実はどれもある程度は理に適っています。けれど、なんだかんだ精神的に負担だったり、肉体的に負担だったりします。そんな妙な考えに乗っかるよりも、肉体的な負担ゼロ(むしろマイナス)な良い生活習慣を、いかに精神的負担を減らして達成するかが重要なポイントです。

と、言いつつ、これだけではあまりに抽象的すぎて、何をしたらよいのか分からない感じなので、僕が具体的に何をしたか書きます。

僕が実践したこと

夜の米をやめる

やっぱり、晩御飯が一番豪華になってしまいますよね。僕みたく家庭を持っていると、自分のペースで食事を決めることはできません。なので、晩御飯の米だけを止めました。その代わりにカロリーオフのノンアルコールビールなんかを飲んでいます。あと、ついでにフルーツとかデザートも夜は止めています。(我慢して冷蔵庫に入れておいて、翌朝思いっきり食べます)

風呂上りにストレッチ

忙しいのに毎日運動する時間なんて避けません。そこそこ売れてそうなストレッチの本を一冊買って、それを実践しただけです。ちなみに使った本はコレです。

紙書籍はこちら ・ kindle版はこちら

どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法

間食は一日一回まで、そして15時から20時の間で摂る

完全に我慢するのもありなんですが、僕は甘いものが好きなので。間食でなければ、朝食後や昼食後にデザートと称して食べるのも有りってことにしています。時間制限を設けてあるのは、僕の場合、昼食が12時台、夕食が22時台になることが多いので、大体前後2時間を空けるためです。これを空けるか空けないかで、吸収のしやすさが変わってきます。

ダイエットに限らず、当たり前に良いことって実際良いもんなんですよねw裏ワザ的なものを求めるより正攻法で攻めた方が確実な場合ってよくありますよね。急がば回れってってことですかねw

Kindle本の読み方はこちらで解説しています ⇒ AndroidでもiPhoneでもKindle本はアプリで読める

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です