仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

仮想通貨のマイニング(採掘)のような処理を世界中のすべての端末がするようになったら、どれくらいのパワーがあるんだろう?近い未来に大きな変化があるかも。

ここ3日間ひたすら仮想通貨のマイニング(採掘)についての記事を書いてきました。

  1. 自分のパソコンで知らない人の取引を記録するという面白さ
  2. 不労所得になる?それとも電気代で赤字?
  3. 今日、Monero(XMR)を取引された方、取引の一部は僕のポケットの中で行われています

なんで、こんなにもこれにハマってしまたのか、よぉく考えてみました。すると、むしろハマらない理由の方が多い気がします。

  • 稼げない
  • 細部のロジックは難しすぎて理解できない
  • よくわからないので、MirnerGateが勝手にやっててくれるだけで、いたって暇
  • 実際に自分の生活に何の変化もない

さて、問題はそれでいてワクワクが止まらない!ってコトですね。この感覚は出来の良いSF映画やSF小説を見ているようです。(ロボットが大暴れする系じゃなくて……例えば伊藤計劃ハーモニーみたいなやつを読んでいる感じですかね。)

信じられない世界が始まっている感じがします。だって僕のポケットの中で、どこの誰だか分らない人の送金処理が行われているんですよ!!! ⇒ 詳しくは昨日の記事をどうぞ

仮想通貨の採掘にはどこまでの可能性があるんでしょうか

僕は専門家ではないので、この技術に今後どんな可能性があるのかは、さっぱり分りません。だから、ここからは完全に妄想です。

現在はマイニングをしているのは、かなり専門的な知識を持った方か僕みたいなモノ好きかどちらかだけだと思います。でも、もし、最大手のIT企業やOSSの団体なんかがこれに本気で取り組んだらどうなるのでしょうか

例えば、Windows・macOS・Android・Linuxにブロックチェーンを処理する機能が標準搭載となったとします。そして、パソコン・タブレット・スマホ、それからすべてのIoT製品が起動時間や待機時間に負担にならない程度のCPUを使ってブロックチェーンを処理するようになります。

通常の端末だけでなく、車もテレビもせっせとマイニングをし始める感じですねwそうすると、どれだけの処理能力が生まれるのでしょうか。きっと、送金の処理だけでは能力が余りますよね。きっとあらゆる処理が可能となるのではないでしょうか。

(いつか、概算できっちり計算してみたい……)

人間のあらゆる行動はすべて記録できるレベルとなると、これってホントに伊藤計劃ハーモニーのウォッチミーみたいじゃない?

あらゆる人のあらゆる行動が誰からも参照できるようになり、個人情報の価値はなくなり、新しい価値観の時代が到来するワケです!

って、内容のSF書けそうなくらい、ブロックチェーンとマイニングは面白い!

※2か月半後に実践結果の記事を書きました ⇒ MinerGateでマイニングその結果

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です