仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

ビットコイン投資はやめておけ!仮想通貨ブログをやっている僕が初心者に相談された本気の答え。

今年も残すところあと1日となりました。

今年一年を振り返り、何といっても印象に残るのは仮想通貨の暴騰です。本当に異常なくらい値上がりしましたね。

coincheckbitFlyerなどの仮想通貨取引所のCMをテレビでよく見かけるようになり、かなりビックリしています。

正直なところ、もっと数年先になると思っていました。僕の予想をはるかに上回る勢いで、仮想通貨は浸透してきているようです。

しかし、実際のところ、暴騰のせいで本来の浸透速度をはるかに上回ってしまった感が否めません。

ビットコインを決済通貨として採用している日本の大手企業と言えば、ヨドバシカメラとマルイくらいのものです。

通貨としての本来の意味よりも投資対象として先走った浸透の仕方をしているのでしょう。

さて、僕はことあるごとに自分の身近なところで仮想通貨の布教活動をしていたのですが、その甲斐あって、最近は相談をされることが増えてきました。

※一応書いておきますが、投資を煽りまくるウザイ人になっていたワケではなく、技術のすばらしさを説いて回っていただけですよ……それはそれでウザイかw

そんなワケで相談に対する答えをまとめておこうかと思います。

来年の投資として検討してみてください。

ビットコインは買うべき?

仮想通貨は買っておくべきです。でも、正直なところビットコインは微妙な選択です。ビットコインをオススメしない主な理由は下記の4つです。

  • 値動きが激しい
  • すでに高い
  • フットワークが重い
  • 今となっては技術も微妙

この4点のうち上から2つの「値動きが激しい」と「すでに高い」はすぐに納得してもらえます。

今からビットコインを買おうとして相談してくる人のほとんどは、投資対象として考えている人なので、このあたりは感覚的によく分かるようです。

問題は下2つですね。

ビットコインの技術

ビットコインのブロックチェーンの発明は偉大でした。コンピュータ全般の歴史の中で3番目に偉大な発明だと思っています。

※ちなみに僕の中での1位はコンピュータ自体の発明、2位はインターネットです。

ブロックチェーンの偉大さは分散型コンピューティングを汎用化した点にあります。集中型の処理効率をはるかに上回るため、今後多くのシステムが分散化されていくことでしょう。

しかし、時は流れ、ビットコインのブロックチェーンより高性能な記述が次々と発明されてきています

ビットコインは利害関係者も多く、対応は遅れがちです。今となっては新しい通貨の方が完全に優秀と言えるでしょう。

高性能・人気・買いやすい通貨を選ぼう

そして、僕がオススメするのはNEM(XEM)とRipple(XRP)です。

両者ともかなり人気の通貨です。当然、もっと技術の高い通貨はありますが、知名度などを考えると、このあたりが現状は妥当なような気がします。

買いやすさで考えても両者とも価格は100円台で買いやすい価格だと思います。

……と、思ってオススメしていたら、昨日Rippleは暴騰しましたねwもう1日早くこの記事を書いておけば良かったw

それから、どちらも日本の取引所で簡単に購入することができます。両方取り扱っている取引所としてはzaifかDMMが良いでしょう。

初心者の方にはとりあえず、NEMとRippleを購入することをオススメしています。

※個人的にはRippleよりもStellarLumens(XLM)が割安なのでオススメしたいところです。ただし、日本の取引所では買えないので、なかなかオススメしにくいんですよね(^^;

まぁ、そんなワケでこれから仮想通貨を購入してみようと言う方はNEMとRippleあたりから手を出してみてはいかがでしょうか?

注意点として、Ripple(XRP)とAugur(REP)は間違いやすいので、注意してくださいねw

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です