仮想通貨100種類以上紹介のブログ……を目指して(^^;

ミュージシャンの救世主となるか!仮想通貨のMUSIC(Musicoinミュージコイン)

3月1日からのFriendzのICOに参加予定仮想通貨入門へ仮想通貨の種類一覧へ

昨日、音楽系仮想通貨のViberateについて書いたので、今日はMusicoinについて書いてみようかと思います。

このMusicoinもすでにサービスを開始しています。

サイト自体は一見すると、今までにもあったサイトで、目新しさのないサービスに見えます。ようするに、楽曲のストリーミングサイトです。

アマゾンミュージックだって似たようなもんですよね。

利用者サイドからすると、ちょっと安いかな?というのと、支払いがMCという仮想通貨であるくらいしか目新しいことはありません。

Musicoinの真価

仮想通貨MUSIC・MC(musicoin)このサイトが本当の価値を発揮するのは、音楽の提供者に対してです。

今までのサイトは多大な中間マージンが発生してしまい、売り上げのうち、わずかな額しか楽曲提供者に支払われることはありませんでした。

このサイトでは少ない手数料で、支払った金額のほとんどが楽曲提供者に直接支払われるように設計されています。

仮想通貨のブロックチェーンを利用したピアツーピアならではのサービスと言えるでしょう。

また、楽曲の提供が複数人に渡るバンド形態の場合には、どの楽器を演奏した人に何%が支払われるのか、あらかじめ決めておくことによって、スムーズな報酬の分配も可能となります。

それにしても、ミュージシャンって不遇だったよね

ICO時のホワイトペーパーにも書かれているのですが、ここ数十年の間、ミュージシャンって本当に不遇の時代でした。

一番マズかったのはナップスターの全盛期です。あの頃は、誰か一人が楽曲を購入してしまえば、ピアツーピアで無料で配布されてしまっていました。

当然のことながら、初めの購入以外にはミュージシャンに報酬が支払われることはありませんでした

次いで、中間マージンだらけの低価格なストリーミングサイトの登場です。もはや、音楽の金銭的価値は下がる一方の時代となっていました。

ここに来て、ミュージシャンの救世主的存在、Musicoinが登場するワケですね♪

実際にサイトを使ってみて……

ひとことで言って、遅い(^^;

このサイトはイーサリアムのスマートコントラクトを使用しているのですが、何しろ遅くて困りました。他のイーサリアム系のサイトでもよくあるのですが、読み込み中のアイコンがグルグル回ることがなく、クリックできていないのか読み込み中なのかがさっぱり分かりません

コンセプト自体はすごく好きなのですが、サイトは様々に改善点があるように思います。

仮想通貨としての将来性は?

もっともっとたくさんのミュージシャンが参加すれば、どんどん伸びる通貨です。

僕自身、音楽って大好きなので、よく分からない人たちの利益になるよりは、演奏している本人たちにお金を払いたいです。

今後、もしこのサイトと他のサイトで同じ曲が提供されていれば、なるべくこのサイトを使おうと思います。

……けれど、サイト自体はもうちょっと改善してほしいですけどね(^^;

3月1日からのFriendzのICOに参加予定仮想通貨入門へ仮想通貨の種類一覧へ

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です