気付けば仮想通貨ブログ

仮想通貨投資ファンドをつくるためのENG(Enigmaエニグマ)

BankeraICOに参加中!仮想通貨入門へ仮想通貨一覧へ

 

先月末にBITTREXにENG(Enigmaエニグマ)が上場しました。「enigma」とは「謎」とか「不可解なもの」といった意味の英語です。

仮想通貨投資ファンドとデータ市場のプラットフォームになるとのことですが、それだけだと、イマイチよく分かりませんねw

個人が投資ファンドを作れるというのは、なかなか想像しがたいことのように思います。そういった意味では確かに不可解で謎なものかもしれませんねw

Catalystというプラットフォーム

Enigmaでは、Catalystというプラットフォームを提供しています。このプラットフォームで投資ファンドを作成したり、データの売買ができます。

Catalystはまだαテスト版ではありますが、11通貨ペア分のバックエンジンテストができるようになっています。

ようするに、投資戦略を決めると、今までその戦略に従って投資をしてきた場合にどれだけ儲かったかがはっきりと分かるようになっています。

その戦略に投資をしてもらうことで、それがそのまま投資ファンドとなるワケです。

Catalystは公式サイトからすでにダウンロードできる状態となっており、インストールの仕方や使い方などのドキュメントもしっかりと準備されています。

ファンドを作ったり、ファンドに投資したりということをしなくても、トレーディングBOTの制作などに間違いなく役立つと思われます。

仮想通貨ENGの使い道

ENG(Enigmaエニグマ)ICOで発行されたENG自体はプレミアムサービスへアクセスの際に支払う通貨として設定されています。

今はまだ確定した使い道があるワケではないようです。

しかし、今後、Catalystを利用して、投資戦略を立てていく際、様々なデータにアクセスできる方が間違いなく有利になることでしょう。

今後開発が進んでいく中で、どんどん有益なデータが実装されていくことに期待したいところですね。

ENG(Enigmaエニグマ)の将来性は?

そもそもが世界的に有名なMIT(マサチューセッツ工科大学)の研究から始まったもので、開発当初からかなりの注目を集めた仮想通貨でした。

そして、今では、いくつかのベンチャーキャピタルが投資しており、さらにはBITTREXに上場と続いていき、注目度はますます上がっていっています。

ロードマップもしっかりとしており、来年には投資用のプラットフォームやCatalyst内でのICOの機能なども追加されていく予定です。

上場後の予定がイマイチ見えない仮想通貨も多い中、来年の予定がはっきりしており、バックボーンに大学があるというのはかなり安心できるように思います。

十分に期待がもてる仮想通貨だと言えそうです。

公式サイトはこちら ⇒ enigma.co

BankeraICOに参加中!仮想通貨入門へ仮想通貨一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です