仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

不安定な局面だからこそドルペッグコイン!BitUSD(ビットユーエスディー)・NBT(NuBitsニュビッツ)・USDT(ユーエスディーテザー)

SharpayのICOが結構良さそう意外に成功しそうなMOSのICO仮想通貨の種類一覧へ

(今回の記事を書くにあたり、CoinCeckoのチャートを使用させていただきました。)

随分、仮想通貨全体の価格が下がりましたね……(^^;

ここから盛り返すのでしょうか?それともまだまだ下がるのでしょうか?まぁ、何とも言えないところですよね。

そんな時こそ、ドルペッグコインに逃がしておくという手があります

ドルペッグコインとは?

簡単に説明して、1枚のコインの価格が1ドルに調整されるコインのことを言います。当然、取引所などのでの取引が発生しますので、常に正確に1ドルというワケではありません

このブログで過去に紹介したコインの中ではSBD(SteemDollar)が該当します。

ただし、SBDは緩いドルペッグコインですので、現在は結構高騰してしまっています。

これから紹介する仮想通貨はどれもかなり強いドルペッグがかかっています。

BitUSD(ビットユーエスディー)

3つの中ではもっともシステムがしっかりしているドルペッグコインです。その代わり、もっとも安定していません。

価格のチャートを見てみると、時には50%も下落したり、40%も上昇したりしています。

BitUSDのチャート

BitUSDしかし、この通貨はなにせシステムがしっかりとしています。なぜなら、このシステムを成立させるための資金はBitSharesを使用する際に必要となる担保で賄われているためです。

本当にうまく設計されている通貨だと言えます。BitUSDはBitSharesで1ドル分のBSDと交換してもらうことができます。ほぼ完全に1ドル分の価値を保証されている仮想通貨なワケです。

さて、完全と言い切らず、「ほぼ」と付けたのには、しっかりと理由があります。

BitSharesの基軸通貨BSDが24時間の間に66%下落し、そのまま価格が戻ってこなかった際には破綻するシステムとなっています。

しかし、他のドルペッグコインに比べると、圧倒的にしっかりしたシステムです。

ただし、手に入れるためにはBitSharesに登録する必要があります。また、残念なことにBitSharesの基軸通貨であるBSD自体が昨年、Bittrexでの上場を廃止されてしまいました。

いろいろ憶測の飛び交うところではありますが、そもそもが分散型取引所自体が一般的な取引所のライバルとなり得ること、その上、大した取引量がなかったことなどが挙げられます。

NuBits(ニュビッツ)

発行者達がせっせと売り買いをして1ドルの価格を安定させている仮想通貨ですwなんだか忙しそうですねw

しかし、BitUSDに比べると、設計が手抜きな感じがしてしまいますが、価格の安定度合いはBitUSDよりもはるかに高いです。

下記チャートを見ていただけると、よく分かるかと思います。

Nubitsのチャート

NBT(NuBitsニュビッツ)2016年6月に大暴落をしていることが見てとれると思います。実はこの仕組み1度破綻しました

買いたくても資金がないという状態に陥ったワケです。この辺り、本当に設計の甘さですね(^^;

しかし、面白いのが、もっとも下落したタイミングで52セントで止まっており、実はBitUSDの下落時の価格よりも高いようです。

また、単純な売買での安定だけに頼るワケではなく、安定を図るための仕組みも備わっています

まず、下落への対応としては預け入れることで利息を受け取ることができるParkという仕組みが存在しています。

高騰への対応として、発行量の調整がされるようになっています。

……と、考えると、なんだか各国の中央銀行みたいなことをやっていますね(^^;

実際問題として、昨年2017年は破綻することなく、比較的安定した価格を保ち続けることができました。

この通貨の1ドルの価値を信じて取引する人が増えれば増えるほど価値が安定するワケなので、仮想通貨を利用する人が増えていけば、さらに安定しそうな予感がしています。

そして、BitUSDよりもはるかに有利な点として、価格を支えるのが一般的な取引所での取引となっているため、取引所との相性は非常に良いです。

そんなワケで、この通貨はBittrexで買うことができます。現状、この3つの通貨の中では一番無難だと思っています。

USDT(ユーエスディーテザー)

まずチャートを見てみましょう。

USDTのチャート

USDT(ユーエスディーティー)テザーほとんど値動きはなく、常に1ドルを保っている異常な通貨です。

この通貨はテザー社が1ドルで換金してくれます。それだけに頼っているため、実はかなり危険な通貨です。テザー社の破綻と同時にすべてが終わる仕組みとなっています。

それでいて、各取引所がBTCやETHに次ぐ基軸通貨として扱っているため、本当はかなり危険な状態とも言えます。(しかも昨年末から悪いうわさが増えています……)

Bittrexは先月末に「USDの受け入れを開始する」発表をしています。これが実現すれば、少しずつUSDTからは離れていく可能性もありますよね。

僕もBittrexでUSDTを使用しているので、今後の動向には要注意です。

2018年03月07日追記

Bittrexに新たなドルペッグコインが増えたので、記事にしました ⇒ TUSD(TrueUSDトゥルーユーエスディー)

SharpayのICOが結構良さそう意外に成功しそうなMOSのICO仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です