仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

まだ比較的割安な秘匿性仮想通貨XVG(Vergeヴァージ)

下落局面でも好調だったマイニングプールARB絶好のチャンス!!仮想通貨の種類一覧へ

秘匿性の仮想通貨ってなんだか評価されますよねw皆さん自分の買い物やヘソクリを隠したいものなんでしょうか?

国内の大手取引所coincheckでも匿名通貨は3つも上場しています。DASH(ダッシュ)XMR(Moneroモネロ)ZEC(Zcashジーキャッシュ)です。(2018年01月27日追記:現状coincheckはハッキングの被害に合い、復旧の見通しが立っていません)

このVergeは残念ながら、日本のサイトでは購入できません。だからこそなのかどうなのかは分かりませんが、上記の3通貨に比べると、現状かなり割安な価格となっています。

これはもしかすると、チャンスかもしれませんね♪

他と異なるXVG(Vergeヴァージ)の匿名性

イーサリアム秘匿性仮想通貨とは言っても、VergeCoinは他のものとは大きく異なります

上記の秘匿性仮想通貨として有名な3通貨はいずれもウォレットのアドレスなど、ブロックチェーンのトランザクションを秘匿化することに注力しています。

もちろん有効な方法ではあります。けれど、3通貨とも、どの端末(PC・スマホなど)からの接続であったかということについては、無頓着です。

つまり、取引自体は記録が残りませんが、どの端末からどのネットワークに接続したかという記録はしっかりと残ってしまいます。

これに対し、Vergeはネットワーク接続に注目し、接続の記録が追えない仕組みを導入しました。ようするに取引の内容は残るけれど、誰が取引したかはわからないということになります。

実は新しくない技術

上を読んで、すごい!と思った人もいるかもしれませんが、実は技術自体は新しくはないです。

公式サイトを読んでもTorやI2Pを使っている……と書いてあります。これは実は既存の技術です。仮想通貨に限らず、匿名でネットを利用する際に今までも利用されてきた技術だったりします。

これらを利用すると、ネットワークに接続する際に端末やルータなど経路上の機器に割り振られているIPアドレスを隠蔽することができます。

そんなワケで技術的に目新しいものでは決してないんですよね……とは言っても、仮想通貨の機能として取り込んだ点では十分に評価されるべきだとは思います。

そして、そもそも仮想通貨に投資している人のITリテラシーは今後下がっていくことが見込まれますので、あまりそこを気にする必要はないのでしょう。

将来性はどうか?

個人的には画期的な技術みたいなものを好む体質なので、あまり魅力を感じていないところではあります。

ただし、これまで30数年生きてきて、僕が魅力を感じないものは社会的に評価されてきましたwなので、僕の好みはあまり気にしない方がよいでしょうw

IPアドレスを隠蔽できる秘匿性通貨として、十分に利用価値があることは間違いないので、今後他の秘匿性通貨に追随するような価格になることもあり得ると思います。

今後、見守っていきたいところです。

公式サイトはこちら ⇒ vergecurrency.com

下落局面でも好調だったマイニングプールARB絶好のチャンス!!仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です