仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

地味だけど役に立つ自己承認の仕組みを持つ仮想通貨BAY(BitBayビットベイ)

EssentiaのICOは良いと思う仮想通貨の種類一覧へ

この仮想通貨の目玉は何と言っても、Double Deposit Escrow(DDE)マーケットプレイスの提供です。

DDEとは単純に書くと、払う側ともらう側の承認があって初めて送金できるという機能です。

ぶっちゃけ地味です。

けれど、これってすごく重要です。これが無いせいで詐欺にあったり間違ったアドレスに送金してしまったりというトラブルが数多く起こっていました。きっとブロックチェーンの承認作業にさらにこれを組み込むというのは簡単ではないのでしょうね。

仮想通貨BAY(BitBayビットベイ)の目指すもの

Bitbayは自己承認機能を持つBitBayが目指しているものは簡単に言ってしまうと、安心して利用できるフリマアプリやクラウドソーシングです。

日本でもフリマアプリがらみの詐欺事件ってかなりありましたね。お金は振り込んだけど、商品は届かないってやつです。

本来であれば、料金の支払いをフリマサイトの運営元が一時的に預かって、取引完了後に入金するといった手順を踏むべきなのかもしれません。

けれど、実際のところ金銭のやり取りをサイト運営側が管理しようとすると、かなりのコストがかかります

ここにブロックチェーンを利用し、この支払の承認作業までも仮想通貨のシステムに取り入れてしまおうと考え、作り出されたのが、このBitBayです。

ロードマップを見る限り、来年の第2四半期にはこの機能が使用できるマーケットプレイスの提供が始まるようです。

BitBayの導入で見込めること

まずは上でも書きましたが、詐欺の排除です。今までもマーケットプレイスでは、基本的に第三者の評価のみで判断することが、ほとんどでした。BitBayのDDEを使用することで、金銭的な担保をもとにして購入することができるようになります。

次にハッキングなどで、資産が奪われる可能性の排除です。大手のサイトを利用している場合であっても、クレジットカード情報を預けている限り、リスクはありました。けれど、仮想通貨のブロックチェーンを利用することで、このリスクはかなり低減できます。

最後に手数料の低減も見込めます。今までのマーケットプレイスでは、システムがしっかりとしていれば、しっかりとしているほど、利用手数料は高い傾向がありました。しかし、BitBayは過去最高水準のシステムを提供しつつも、通貨自身の送金手数料以外に余計な手数料は発生しません

手広く商売をされる方も、趣味程度にフリマを楽しむ方も同じ土俵で戦えると考えてよいでしょう。

BitBayの将来性は?

個人的に結構期待しています。僕自身はフリマアプリは使ったことがありません。けれど、嫁が一時期フリマアプリにハマっていました。やはり、詐欺には苦労していたようです。

それから、手数料にもやっぱり苦労していたようです。

それを考えると、こういった良いサービスは是非普及してほしいものですね。

まずは来年のマーケットプレイスの提供開始を楽しみに待ちたいと思います。

公式サイトはこちら ⇒ bitbay.market

EssentiaのICOは良いと思う仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です