仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

お金の価値ってあくまで相対的 – 缶コーヒーが「100円玉で買えるぬくもり」だった頃もあった。

MinerGateのマイニングプールが好調だった話ARB……結構チャンスかもw

 

最近、ITリテラシーのトコトン低い人と、仮想通貨について話す機会があった。

「ナニソレ?ナニソレ?」と聞かれたので、ざっくりと概要を説明しただけなんですが……。

当然、難しい技術の話ではなく、決済方法の話・相場の話・使い方が話題の中心となりました。が、相場の話に入ったところで、その方は嫌悪感たっぷりな感じでした。

別にギャンブル的な投機の話をしたワケではないのです。けれど、どうやら、おさいふケータイみたいな便利グッズくらいの感覚でいたようで、日本円での価値が変わることに抵抗があったようです。さらに年初から価値が5倍くらいになっている現状に明らかな拒否反応がありました。

事実のみをしっかり伝えたワケです。けれど、嫌悪感たっぷりに「そんなのいならい」と言われました。

う~ん、感覚的には分からなくもないですよね。どうしてもお金の単位って日本円で考えてしまうし、その日本円が目に見えて増えたり減ったりするワケですから。

けれど、そんな風に増えたり減ったりするのって、お金の本質でもありますよね。ビットコインのような仮想通貨を持ち出さないまでも、2つ以上の通貨を比較すると、円高ドル安や円安ドル高が起こるのは常々のことですよね。

また、2つ以上の通過を比較しなくても、ものの値段の変化を見ても、お金の価値の変化を感じることができます。

昔、自販機の缶コーヒーと言えば、「100円玉で買えるぬくもり」だったワケですが、今や130円になっています。缶コーヒーの値段があがったからといって、缶コーヒーの価値が上がったワケではないですよね。中身はおんなじ缶コーヒーです。すると、円の価値が下がったと言えます。

(缶コーヒーの値上げのタイミングは消費税の増税のタイミングで上がっているので、一概に価値だけで考えるべきではないかと思いますが。)

 

FXなんかをしたことがある人にとっては結構すんなり受け入れられる感覚なんでしょうけども、なんらかの投資経験がない人にとっては、やはり、仮想通貨はハードルが高いように思います。また、日本は島国で、あまり外国の通貨と接する機会も少ないので、なおさらハードルが高くなっているように思います。

もしこれから仮想通貨を使用していこうと思われている方は、日本円など他の通貨に換算した場合の価格は常に変動するということは理解して利用してください。(ただし、現状はまだまだ価値が上がっていく有利な通貨な気がしますが……これはあくまで予想です)

やっぱりこの文章を読んでハードルが高いと思われる人が多いかと思いますが、仮想通貨の使用できる場所はどんどん増えていっています。このため、今の若い人たちにとってはどんどん当たり前になっていくことも考えられます。

数十年後には、複数の通貨を常にモバイル端末に持ち運び、その時一番有利な方法で買い物をするのが当たり前になっていたりする可能性もあるのでしょうか。……これはないような気がするなぁ。逆に不便だ(^^;むしろそのとき最も有利であると予測される支払方法を勝手に決めて支払ってくれるアプリが必要かもなぁ

ちなみに僕は、少しずつ仮想通貨での買い物の回数を増やすようにしています。なんとなく面白い気がするからというだけなんですけどねwご購入は【GMOコイン】がオススメです。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です