仮想通貨100種類以上紹介のブログ……を目指して(^^;

動画配信だって仮想通貨!!!SNGLS(SingularDTVシンギュラーディーティービー)

3月1日からのFriendzのICOに参加予定仮想通貨入門へ仮想通貨の種類一覧へ

 

調べれば調べるほど、現存するほとんごのものはブロックチェーンでの置き換えが試みられていて、驚きます。

本日紹介するのはSNGLS(SingularDTVシンギュラーディーティービー)という仮想通貨です。

これは、動画配信サイトをブロックチェーン上に構築することを目標としています。

(※動画配信サイトというと要するにNetflix・Hulu・GYAO・アマゾンビデオなどです。)

SNGLSのやろうとしていること

SNGLES(Singulardtvシンギュラーディーティービー)で動画配信上記の通り、単純に動画配信をすることを目指しているワケですが、仮想通貨のブロックチェーンを利用することで、今までとどう変わるかということが問題です。

ざっくりと重要なことに焦点をあてると、下記の2点に絞られます。

  • 権利関係の明確化
  • 少額課金制の導入

仮想通貨のブロックチェーンを利用することで権利が明確に

現状、映画やテレビ作品を公開する場合、製作者や出資者など、複数の権利者がおり、利益の分配が複雑になりがちでした。さらに仲介者も複数いるため、利益の分配が不透明でした。

ブロックチェーンを利用することで、仲介者をなくすことが可能となります。また、SNGLSは権利関係の管理についてもプラットフォームを提供するため、権利関係も明確にすることができます。

これにより、透明性の高い報酬体系を備えた動画配信プラットフォームになると考えられます。

イーサリウムベースなので、少額決済が有利

動画配信サイトといえば、月額決済サービスが主流です。当然のことながら、配信ごとに都度決済するところもありますが、割高になりがちでした。

これは手数料の問題があるためです。SNGLSのブロックチェーンはイーサリウムをベースにしているため、決済手数料も安いです。さらに、上記の通り仲介料が発生しないため、低料金での都度決済が可能となります。

今後の見通し

動画配信サイトの市場規模を考えると、かなりの可能性があるプロジェクトだと言えそうです。プラットフォームが実現して、しっかりと配信作品が増えれば、少なくとも僕は間違いなく使いますw

内容は申し分なしとすると、問題は実現可能性ですね。

この通貨のICOは2016年の10月でした。

その際には開始15分で目標額を達成し、翌日からはBittrexに上場という流れで、資金的にはかなり順調なスタートを切れたようです。

その後はまぁ、着々と開発が進められているようで、公式のツイッターでも頻繁にツイートされています

公式サイトでロードマップ的なものが見つからなかったので、いつ頃の完成予定かイマイチよく分かりませんでしたが、期待して待ちたいところですね。

ところで、公式サイトの作りが……

公式サイトを見ると、さすがに動画配信サービスをやるだけのことはあって、大切なことはほとんど動画で配信されています。

解読に英語のリスニング力必須なサイトでした(^^;

公式サイトはこちら ⇒ singulardtv.com

3月1日からのFriendzのICOに参加予定仮想通貨入門へ仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です