仮想通貨100種類以上紹介のブログ……を目指して(^^;

ALIS – ICOのトークンセール参加準備を始めてみた。なんだか投資したくなるサービス。

最近のICOではSharpayが良さそうだ ⇒ 究極のイイネボタンを提供するSharpayICO

意外にこのICO成功するんでない? ⇒ ブロックチェーン宝くじプロジェクトMOS

興味はあるけど、どうしようかな?……と、思い続けていたALISトークンの購入準備を始めてみました。詳しくは公式サイトで紹介されている登録の仕方を見ていただければよいかと思います。僕はMyEatherWalletに口座を持っていないので、早めに準備し始めました。

ICOってものすごく興味があって、サービスの内容が面白そうであれば、投資してみたいと思っていました。ただし、詐欺に騙されるのは勘弁ですwなにげにICOは詐欺も多く、僕のような初心者が見極めて手を出すにはハードルが高い。

それでも、さすがにこれは間違いないだろうと思えるものには積極的に手を出していきたいと思っています。とりあえずはCOMSAだよな……と思っているのですが、COMSAのトークンセールの開始まではまだ1か月以上あります。

そして、そのちょうど一か月前にあたる9月1日にトークンセールが行われるALISというサービスに興味を持ちました。(……というか、セール開始まであと3日じゃないか!?)

ALISのサービス内容

ざっくりと言って、ブログなどで記事を書く人にっとての新しいマネタイズ方法となるサービスって感じのものです。そして、書き手にとっては、良質な記事を書く人ほど利益が上がる仕組みであり、読み手にとっては、良質な記事を見つけやすい仕組みを目指したもののようです。

記事を書いてもトークンが貰え、記事にいいねをしてもトークンがもらえるというサービスになっており、書き手も読み手も儲かる仕組みのようです。

それってホントに成り立つの?

それってめっちゃ美味しくない?と安易に思ってしまいます。けれど、実際にどの程度の額になるのかは、トークンの価格にも影響されるし、トークンの分配率のようなものを決める評価のシステムに至っては複雑すぎて理解できませんし……。

結局のところ書き手がもっとも気にするのは、儲かるかどうか。読み手が気にするのは良い記事にたどり着けるかどうかと儲かるかどうか。うまいこと行くのかなぁ……成功したら、すごく素敵なサービスになるだろうけど……。

そして、書き手と読み手が儲かりつつも、このサービス自体が継続的に儲けていけるのかもすごく心配です。しかし、同種のサービスが海外では成功しているということも説得力があります。特に日本はブログやSNSは盛んなので、海外のサービス以上の成功を収める可能性も秘めています

それでも投資してみたい

正直、本当に価値あるサービスになるかどうかは、未知数な気がします。しかし、運営してる方たちはいたって真面目に取り組んでおられ、サービスの向上に取り組んでもらえるだろうという安心感はあります。

で、僕はどうするか?って話ですが……ほんの少しだけ買う予定です。サービスの目指すところと、運営する人たちには大いに共感。実現性については、やっぱり不安なので、最悪の事態に備えた額にします。

トークンセールの参加方法については公式サイトの説明がかなり詳しいので、こちらをどうぞ ⇒ 登録の仕方

公式サイトのトップページはこちらからどうぞ ⇒ ALIS

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です