仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

駐車場まで仮想通貨?PKB(ParkByteパークバイト)で駐車場を網羅

SharpayのICOが結構良さそう意外に成功しそうなMOSのICO仮想通貨の種類一覧へ

 

昨日から今日にかけて、PKBやGBGなどが一時的に暴騰しましたね。日本人としてはどうしてもMONACOINに注目してしまうかもしれませんがw

ちなみにPKBは昨日朝の時点から比べると、一時的に4倍強まで上がっていました。

もちろん、僕はそんな素晴らしい波に乗れることもなく、後からこの通貨ってなんだろう?……と、調べただけなんですけどねw

PKB(ParkByte)は駐車場のための仮想通貨

駐車場のための仮想通貨PKB(ParkByte)公式サイトを見てみると、壮大かつ若干地味な……というかみみっちさ(?)を感じるビジョンが書いてあります。

駐車場ビジネスというのは、かなり巨大な産業なワケですが、この産業の中には個人所有のガレージなどは含まれていません

ParkByteが目を付けたのはこの部分です。

ParkByteはイギリスの会社です。そして、イギリスにはこれらの個人所有の駐車スペースが何百万箇所もあると推定されます。そこでこれらのトランザクションをブロックチェーン上に展開しようと考えたワケです。

……どうでしょう?

壮大なスケールの話でありつつ、若干の貧乏性とでもいいますか、小ささを感じてしまいます

でも凄くね?w

ここから、完全に個人的な感想なのですが……僕としては「コレよコレ!こういうの待ってた!!」って感じでしたw

これって、ブロックチェーンだからこそ実現可能な話だと思いませんか?

今までの中央集権型のシステムではコストがかかりすぎて、これは絶対に実現できなかったと思います。

低コストなブロックチェーンだからこそ実現できるのではないでしょうか。ブロックチェーンであれば、世界中の個人所有の駐車スペースをすべて記録することだって可能でしょう。

今まで、いくつもの仮想通貨を調べてきて、すでにあるものを低コストで実現する通貨はかなりありました。けれど、不可能であったものを可能にする通貨には、なにげに初めて出会った気がします。

(散々褒めておいて、なんですが、買うかどうかは別の話ですよw)

内容は良いがちょっと心配

公式のツイートを見ると、2017年6月の段階から更新がないようです。

また公式サイトにはアップデート中の表示がされている状態です。いつからこの状態なのか確認するために、過去のウェブサイトを確認できるウェブアーカイブサイトで確認しました。

結果、2017年2月の段階では、まったく別のデザインのサイトで、ロードマップなども表示されていました。5月の段階で現在のデザインに変更となり、アップデート中の文字が表示される状態となったようです。現在のページのデザインは綺麗ですが、ロードマップなどの詳細な情報は欠けているようです。

開発は順調なのか、上場ゴールで完全放置なのか、イマイチ判断に悩む状態ではあります。

公式サイトはこちらからどうぞ ⇒ parkbyte.com

SharpayのICOが結構良さそう意外に成功しそうなMOSのICO仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です