仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

この仮想通貨トレーディングBOTプロジェクトはホンモノ-TRODAX.CAT(トロダクス・キャット)

この記事は『儲け話』カテゴリの記事です。こちらのページをご確認の上、参考にしてください。

現在ARBが絶好のチャンス ⇒ ARBITRAGING

Telegramを見ていたら、見慣れない日本語のグループに参加していることに気が付きました。

TRODAX.CAT」という仮想通貨トレーディングBOTのコミュニティです。

参加者のチャットを読んでみると、どうやら勝手に招待されている模様……。

怪しい怪しすぎる……

そうすると、仮想通貨ブロガーとしては使ってみたくなるものですw

で、使ってみて分かったことはこのBOTはホンモノだということです。

ウンチクよりもまずは使ってみようという僕みたいな方はこちらからどうぞw ⇒ trodax.com

なお、使うには現状、BINANCEのアカウントが必須、さらに専用のBINANCEアカウントを作っておくことが推奨されています ⇒ binance.com

TRODAX(トロダクス)のBOTがホンモノであるワケ

仮想通貨トレーディングBOTプロジェクト系のスキャムで有りがちなパターンは、運用する仮想通貨をそのサイトに入金してロックするものです。

AI系のBOTであれ、アービトラージ系のBOTであれ、大体はこのパターンです。

そのサイトが詐欺であった場合、入金した通貨は引き出すことができなくなります。

TRODAXは運用する仮想通貨を入金する必要がありません。

取引はあくまでもBINANCEのアカウントで行われます。

このため、TRODAXの利用料の支払いは必要(2週間は無料)ですが、運用資産まで奪われる可能性はゼロです。

取引の内容はTRODAXにログインして見ることもできますが、BINANCEにログインしてリアルタイムにみることもできます

それって逆に危なくないの?

BINANCEのアカウントを乗っ取られるようで、逆に危ないんじゃないの?と感じられる方もいるかもしれませんが、その部分はAPIの設定で止めることができます

※TRODAXのサイト内にも、APIにWithdrawの権限を与えないようにという注意書きが書かれています。

なにげに僕は過去に自作のBOTを作っていたことがあるので分かるのですが、取引所のBOTを作る場合にAPI-KEYを取得する際、API-KEYごとに権限を設定することになり、設定によってそのBOTができる処理は変わります。

TRODAXで推奨されている設定では、取引はできても送金はできないのがBINANCE側の仕様です。TRODAXではなく、BINANCE側の仕様に依存しているので、かなり安心ですね。

また、BINANCE側でAPI-KEYを削除してしまえば、TRODAX側では全く操作ができなくなります

そんなワケで、他のロック期間のあるようなプロジェクトと比べるとかなり安心して利用できるBOTだと言えます。

BINANCEはこちら ⇒ binance.com

TRODAX.CATはこちら ⇒ trodax.com

で、儲かるの?

こればっかりは分かりません。BOT自体は間違いなくホンモノですが、儲かるBOTなのかどうかは保証できないのが正直なところです(^^;

そして僕も昨日登録したところなのでw

一応、登録から24時間の間はしっかりと利益が出ています。

それについては実際の運用実績のスクリーンショットを貼っておきますね。

TRODAXのトレーディングBOTでの売買実績

+1%以上!?

十分過ぎる成果ですね(^^;これが毎日続けばとんでもないですが、まぁ、それは期待しすぎでしょうねw

BINANCEはこちら ⇒ binance.com

TRODAX.CATはこちら ⇒ trodax.com

使い方の注意点

公式サイトに行って、登録して……といった流れはあまりつまづく部分はないように思います。一応、日本語対応もしています

API-KEYとAPI-SECRETの取得方法など、少しなじみのない操作もあるかもしれませんが、しっかりとした説明の動画もサイト内にありますので、そちらをご参照ください。

(もし、分からない方がいたら、コメントなどいただければ、分かる範囲で回答します)

個人的にちょっと分かりにくかったのは「手動」のBOTについてBOTの4つのプラン変更の反映に時間がかかるところだったので、それについてだけ書きます。

「手動」の意味

TRODAXの手動のBOTは自動で動きます。安心してくださいw

TRODAXのBOTは5つの値を設定することによって動いています。「手動」の意味はこの5つの値を手動で設定するということです。

そして、どう設定して良いか分からない人のために4つのモデルプランがあります

BOTの4つのプラン

CAREFUL・REASONABLE・ACTIVE・OPTIMISTICの4つのプランがあります。

単純に……左のプランほどローリスクローリターン、右のプランほど、ハイリスクハイリターンだと思えば問題ないです。

変更の反映に時間がかかる

設定を変更したり、BOTを停止してもなかなか反映されません

取引中のBOTが途中で停止してしまい、注文を入れっぱなしになったり、購入した通貨が売却されることなくそのままになってしまうのを防ぐため、BOTの1サイクルが終わったタイミングで変更や停止が反映されるようになっています。

変更の受付自体は届いているので、ゆっくり待ちましょう。

また、入金などの反映も同様に時間がかかる仕様となっています。

まずはBINANCEにビットコインを入金してから、BOTの設定を始めることをオススメします。

BINANCEはこちら ⇒ binance.com

TRODAX.CATはこちら ⇒ trodax.com

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です