仮想通貨100種類以上紹介のブログ……を目指して(^^;

YYW(YOYOW)は中国版Steemitな感じのする仮想通貨

3月1日からのFriendzのICOに参加予定仮想通貨入門へ仮想通貨の種類一覧へ

 

ここのところ、レンディング(仮想通貨の貸し出し)を始めてみた関係で、bitfinexに上場している仮想通貨の紹介が続きます。

本日はYYW(YOYOW)です。残念ながら、YYW(YOYOW)はbitfinexではレンディングできない通貨なんですけどね(^^;

(※今後できるようになると信じていますw)

ざっくりと言って、中国版のSteemitな感じの仮想通貨です。

以前このブログで、似たような仮想通貨をまとめて3つ紹介したことがあります。アメリカのSteemit・ロシアのGolos・日本のAlisです。(⇒記事はこちら

知らない方のために簡単に説明しておくと、ブログなどのコンテンツを作成し、「いいね」などの評価で利益が発生するサイトです。

ピアツーピアで離れている相手とも直接つながることができることは仮想通貨のブロックチェーンのメリットの1つです。けれど、この手のサービスはなぜか地域ごとに作られる傾向があるようです。

当然のことながら、言語の壁があります。それから、報酬に対しての物価の違いなどもあります。難しいところではありますが、地域ごとに作ることが合理的である部分もあるのでしょう。

これまでのYYW(YOYOW)

YYW(YOYOW)は中国版Steemitな感じがする中国の仮想通貨事情がややこしい現在、YYWはタイミング的にはかなり微妙な位置取りだったようです。

中国の大手仮想通貨取引所Binanceに上場してから、順調に価格を伸ばしていたにもかかわらず、ICO規制に引っかかってしまい、上場廃止となってしまいました。

少しして再上場を果たしたようですが、一時的には信用をなくし、かなり厳しい状態に立たされていたようです。

それが、今月に入ってbitfinexに上場し、現在はかなりノッているところと言えそうですw

この仮想通貨の将来性は?

ぶっちゃけよくわからないところではあります。

けれど、アメリカのSteemitやロシアのGolosがしっかりとサービスを提供できているところをみると、この手のサービスはハズレがないように思います。

日本のAlisはこれからですね♪こちらも大いに期待していますw(ICO参加してしまいましたw)

それでいて、中国人の人口を考えると、上記のサービスよりも爆発的に普及する可能性が十分にあります。なにせ中国人は多いのでw

今後の動向を見守りつつ、Bitfinexでレンディングできるようになったらレンディングしてみよう♪……なんてことを思っていますw

公式サイトはこちら ⇒ yoyow.org

3月1日からのFriendzのICOに参加予定仮想通貨入門へ仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です