仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!だけど雑記ブログw

仮想通貨のIOP買ってから調べてみたら……こういうのいいよね!って感じだったw(Internet Of People)

下落局面でも好調だったマイニングプールARB絶好のチャンス!!仮想通貨の種類一覧へ

先日より「ELITE CRYPTO SIGNAL」というところのシグナルを鵜呑みにして儲けられるか検証しております。実のところ資産は減りっぱなしだったのですが、一昨日の日曜日にIOP(Internet Of People)という通貨で、だいぶ戻しました

仮想通貨って哲学を持っているものが結構あるように思います。僕自身、中央集権的なシステムを分散化できるというだけで、仮想通貨全般に言い知れぬ魅力を感じています。

いまある仕組み全部ぶっ壊して、すべて分散型システムに置き換えられて欲しいと思っていますw

IOP(Internet Of People)という通貨のフェルマープロジェクトには、まさにそれの実現を感じました。

IOP(Internet Of People)の目指すもの

IOP-internet-of-people上で書いたことの繰り返しのようにも感じますが、このプロジェクトは今あるSNSなどあらゆるサービスを分散型の技術を用いて代替しようとしています

この通貨はブロックチェーンではなくグラフチェーンという技術を使っているようです。

詳しくはフェルマープロジェクトに関するページなどが面白いのですが、実現すると、連絡したい相手にすぐに直接メッセージを送れるようになるようです。

それって普通じゃない?と思った方も多いのではないでしょうかw

 

「友達に直接連絡って、そんなのLineの無料通話を使えば済むし」

まさにそのとおりですwでも、実はそれって直接話しているようで、間にLineが入っていますよね。Lineを立ち上げれば、広告が表示されたりするワケで。

そうすると、Lineに広告料が支払われ……とかなんとか、そこに様々な経済活動が入ってくるワケです。

これに対し、IOPのフェルマープロジェクトではグラフチェーンを利用したRedToothという規格を構想しているらしく、実現すると、間に何も挟まない1対1の接続が実現するようです。

(ネーミングがBlueToothのパクリなのは突っ込まないw)

実際にフェルマープロジェクトは進んでいるのか?

公式サイトのブログもたまに更新されていることと、公式のtwitterもそこそこ更新されていることを考えると、上場ゴールな通貨とは一線を画すように思います。

また、スマホのアプリのストアで、ぜひ「IOP」を検索してみてください。すでにいくつかのアプリが存在していることがわかります。

ちなみに、先月の20日頃にはわずか4日間でIOPの価格が10倍になるという事件もあり、現在結構注目されている状態ではあります。(残念ながら、その波には乗っかることはできませんでしたがw)

実際に実現するのか、企画倒れになるのか、正直なところ分りませんが、こういった10年後の世界を今とはまったく別の世界にしてくれるような思想を持った通貨には頑張って欲しいと思います。

公式サイトを3つほど見つけました(^^;

使ってみるなら、こちらのサイトがオススメです ⇒ iop.global

こっちの方が詳しいサイトです ⇒ iopcommunity.com

フェルマープロジェクトについてしっかり解説しているのはここです ⇒ fermat.org

下落局面でも好調だったマイニングプールARB絶好のチャンス!!仮想通貨の種類一覧へ

 

 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です