仮想通貨100種類以上の特徴を紹介!

取引速度安定?以外に古株な仮想通貨DGB(DigiByteデジバイト)

EssentiaのICOは良いと思う仮想通貨の種類一覧へ

ビットコインの価格、ずいぶん下がりましたねw

仮想通貨大好きな僕ですが、あまりビットコインは好きではなかったりしますw

ブロックチェーンの発明自体は偉大過ぎるものなのは間違いないですが、さらに機能の高いものがどんどん出てくる中、今さらビットコインにこだわる必要はないだろうと思っています。

ビットコインを使ってみて、なにせ困るのが取引速度の遅さですよね。

今日、紹介するDGB(DigiByteデジバイト)という仮想通貨は2014年に発明された古い通貨でありながら、かなり早い取引速度を誇っています。

年々転送速度が速くなるDGB(DigiByteデジバイト)

処理速度が向上する仮想通貨DGB(DigiByteデジバイト)DigiByteの面白いところは、処理速度の増加にあります。

2年ごとに処理速度を増大されることが、この通貨自体に初めからプログラムされています。このため、開発から5年たち、取引量のかなり増加した今でも、安定した取引速度が維持されています。

なお、この仕組みについてもDigiShieldという独自のアルゴリズムを採用しています。

以外に提携が活発な仮想通貨

この仮想通貨ですが、実はマインクラフトと提携したことで話題となりました。この時には価格は一時的に200倍くらいに高騰しました。

提携自体は事実でしたが内容に一部デマがあり、その後価格は少し落ち着きました。それでも、その時と比べると、100倍以上にはなっています。

また、提携はマインクラフトだけではなく、リーグオブレジェンズというゲームなどとも行っています。

DigiByteの開発者サイドもゲーム・ゲーマー・広告主をつなぐようなプラットフォームを目指していることもあり、今後も様々な提携と、それに伴う価値の上昇が期待できそうです♪

今後の展望

Bittrexで現在の価格を確認すると、実は0.000004BTC程度だったりします。日本円で考えると、およそ5~8円くらいのところでしょうか。

発行枚数の多い通貨ではありますが、まだまだ十分に値上がりする可能性があるように思います。(ちなみに僕は5,000枚持っていますw)

そしてまた、開発が活発だということでも有名な仮想通貨で、Segwitの導入が一番乗りだったりします。この辺りも、対応が遅く、フットワークが重い印象があるBitcoinよりも良い印象があります。

またイーサリアムのようなスマートコントラクトの機能も持っています。こうしてみると、結構万能な印象がありますね。

今後の展望も十分に期待できそうです。……それにしても、なぜ日本では売ってないんでしょうか?(^^;

公式サイトはこちら ⇒ digibyte.co

EssentiaのICOは良いと思う仮想通貨の種類一覧へ

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です